自分のセクシュアリティの把握、アピールはしっかりと!

レズビアンの間では略して「セク」と呼ばれることが多いですね。「あなたのセクは?」と聞かれて「セクってなんですか?」なんて返してしまおうものなら「なんだ、この人はノンケの冷やかしなのね」とその場で見限られてしまうかもしれません。

セクシュアリティとは「セックスにおける役割」のことです。大きく分けて3パターンにわけられますので、そのうちのどれかで答えておけばまず問題はありません。もっとも、その中からさらに細分化されることも多いので、きちんと全部の用語を把握しておくのが大事です。

タチ

性行為で能動的な側。歌舞伎の「立役(男役)」から。なお、外見や振る舞いが男性的とは限らず、いかにもおっとりとした大和撫子タイプの女性がこっちをやることもあります。どちらかといえば、少数派にあたりますのでタチのパートナーを見つけられた人は大事にしたいところですね。

ネコ

性行為で受動的な側。ネコのように寝っ転がって無防備なさま、からきているようです。SM行為でいうところのMに似たポジションですね。女性全体でみればSかMならM女性のほうが多いように、レズビアン業界でもネコのほうが多い傾向にあります。

リバ

性行為で能動的な側も、受動的な側もどちらもイケるというタイプ。どちらとでもなれる(英:liberty=(選択の)自由:reverse=逆・反対)の意から、タチでもネコでも出来ること、女性同士のセックスにおいて愛撫“する”ことと“される”ことを同時にすること。または相手により、タチ・ネコと立場を変えること。潜在的な要素も含めたら実はこれが大多数派かも知れません。

以上がおおまかなセク分類なのですが、それとは別に容姿・ファッションに関する分類もあります。

容姿・ファッションに関する分類

フェム

見た目・ファッションが女性的なビアン。「タチ」「ネコ」とは関係がなく、日本では「フェムタチ」、「フェムネコ」という言い方もされる。(対義語:ボーイッシュ) 北米などで「ブッチ」の対義語として使われる時は、カップルにおいて女役と見なされる方をさす。

ボーイッシュ

見た目・ファッションが少年的・中性的なビアン。「タチ」「ネコ」とは関係がなく、日本では「ボーイッシュタチ」、「ボーイッシュネコ」という言い方もされる。最近では、「ボイタチ」「ボイネコ」と音便を略して呼びならわされる。(対義語:フェム

この二つが合わさってさらにまたジャンル分けがされることも多いです。

さらなるジャンル分け

スカタチ(フェムタチ)

性行為で能動的な側であるが、スカートをはくなどフェミニンな衣装を好む人。フェミニンな衣服=スカートとも限らないことから、現在では同義語のフェムタチと言うことが多い。(反対語:ズボネコ、ボイネコ)

ボイネコ(ズボネコ)

性行為で受動的な側であり、ズボンを履くなどボーイッシュな服装を好む人(反対語:スカタチ、フェムタチ)。現在では同義語のボイネコと言うことが多い。

フェムネコ

性行為で受動的な側であり、スカートをはくなどフェミニンな衣装を好む人。

ボイタチ(ボーイッシュタチ)

性行為で能動的な側であり、ズボンを履くなどボーイッシュな服装を好む人。

さて、あなたは一体どのジャンルに当てはまるでしょうか?レズビアン交際そのものが初めてという場合は、まだ明確に自分の立ち位置がわからないかもしれません。そういう場合はきちんと正直に「初めてなのでまだ自分のセクがよくわかってないんです」と伝えましょう。そうすれば快く、あなたの「開発」や「発見」に付き合ってくれる先輩レズビアンがみつかることでしょう。

レズビアン向け出会い系ならではのコツ

レズビアンのお友達が欲しい!そう考えているのなら、レズビアンが全国から集まる出会い系サイトが圧倒的にオススメです。

きっとびっくりするはずですよ。日本にはこんなにも多くのレズビアンがいたんだ!私と同じ気持ちや悩みを抱える人がこんなにいたんだ! って。

もちろん出会い系サイトですからポイント制で利用しなくてはならない事もあるかもしれません。ポイント制なんてちょっと嫌だなと感じるかもしれませんが、一般的な出会い系では有料なことはむしろ当たり前です。たった数千円であれだけ悩んでいたレズビアンの出会いを一気に解消できるのですから、ここをケチる意味はまったくありませんよね。

レズビアンを確実に見つけるなら出会い系がお勧めです

SNSやスマホアプリなどで探すという手もありますが、この中でどの方法が一番レズビアンの相手を見つけ出す事ができるのか悩むところですが、「出会う意思を持っているレズビアン」を確実に見つける事ができるのでできたら出会い系サイトを利用してみるといいと思います。

プロフィールとかもしっかりとしているので、相手にアピールすることができるからです。一般向けのSNSやスマホアプリではそういったアピールをすることが難しいですからね。すでにレズビアンであるということを全方位にカミングアウトしている人なら、オープンなSNSを利用するのもいいかもしれませんが…なかなかそうはいきませんよね。

レズビアンの出会いを求めるのであればプロフィールは大事

レズビアンの相手が欲しいと思っていても、他人からは「この人本当にレズビアンなんだろうか」と疑われてしまうプロフィールの書き方をしている人を見受けられます。別に出会い系に限った話ではないのですが、何だってプロフィールはわかりやすく簡単に書いた方がいいですね。

例えば自分はどこに住んでいてどこどこでよく遊んでいます、とかですね。出会いを求めているのですから、地理的にそもそも会うことが困難な人と仲良くなったとしても悲しいだけです。よっぽど気が合えば遠距離恋愛というのもアリかもしれませんが…なにもわざわざ最初から何かと苦労や悲しみの伴う遠距離恋愛を選択することもないですからね。

あと大事なのは自分はこういうタイプ(タチ・ネコ・リバ)もしっかりと記入した方がいいですよね。相手も自分の好みにあった人を探したいわけですから、当然ですがしっかりとプロフィールを書いた方がいいです。

一般的な出会い系サイトのプロフィールとの違い

レズビアンですから自分がどんな付き合い方をしたいのかをハッキリと書いた方がいいでしょう。一般的な出会い系サイトのプロフィールにこんな事を書いたら引かれてしまうとか考えずに書いた方がいいですよ。なぜかというと恋人が欲しいという人もいれば、人生のパートナーとしての相手がほしいという人もいるわけです。

最近では同性愛の結婚とまではいきませんが、同居を行政が認めるということも始まりだしています。そこまでいかなくとも、友人よりもちょっとベタベタしたいというタイプの人も色々といるからしっかりと自分の立場をハッキリさせるべきなのです。ここがそもそもすれ違っているのに会おうというのはお勧めしません。むしろせっかく多くのレズビアンが登録しているのですから、根気強く探すべきです。自分からアプローチするだけでなく、あなたのプロフィールを読んだたくさんの登録者の中から自分にピッタリだと思う相手がいたら必ず連絡をしてくるはずです。魅力的なプロフィールの書き方がわかっていただけたでしょうか?頑張ってくださいね!

レズビアンがモテるコツ

レズビアンがモテるコツは、男性にモテるコツとはちょっと違うと思います。

正直、見た目さえそこそこ華やかなら男性にはモテるんですよね。

でも、ビアンは、見た目だけってわけにはいかないんです。やっぱり内面が大切。

私の周りのモテないビアンは、ヒステリックで執着心が強い。つまり恋愛において嫉妬心が強くて自分勝手っていう子です。

そういう子って、なんだか、話してるだけでわかっちゃうんですよね。その子は男性にはとってもモテるんだけど、ビアンには嫌われていました。やっぱり評価するポイントが違うんですよねぇ。

それよりも、サッパリしていて、誰にでも気兼ねなく優しいような子がやっぱりモテるんです。つまり人間的に魅力があるってことですね♪

同性愛(女性)の恋愛ならではの大変なこと

昔に比べて同性愛への偏見は少なくなったと言われる最近ですが、それでもやはり、異性愛の方が一般的だと思う人が多いといえます。

職場や学校などで好きな人や恋人、恋愛観について話す時に、カムアウトしていない状態だった場合はなかなか苦労します。好きな女性のタイプや恋人のノロケ話をせざるを得ない時、彼女の長所や特徴などを「もし、男性でいうならば…」などと細かく考えながら嘘をついてしまった経験を持つ人は少なくないはずです。一度嘘を付いてしまうと、ずっとそれを維持していかなくてはなりませんから、それはそれで面倒くさいのですが、何かに取り付かれたように「恋人いないの?好きな人は?結婚は?」と他人のプライベートにしつこくツッコミを入れたがる相手を黙らせるには一番効果的だったりもします。

職場などでは、こういった手段で予め面倒事を回避しておくのも良いかもしれません。カムアウトをすることで、心身が傷つくようなやっかい事に巻き込まれてしまうかもしれませんしね。

できるだけ嘘は付かないで生きていきたいと思っていても、同性愛が今以上に一般的になるまでは、ある程度の軽い嘘は自分や彼女を守るためには大切かもしれません。

ゲイは、服装のオシャレな男性を好みます。ダサい男はぜったいに嫌われます。

ゲイは、服装のオシャレな男性を好みます。ダサい男はぜったいに嫌われます。

なぜなら、服装のセンスというのは、ある程度、その人のパーソナリティを反映するからです。

服装がダサい男は会話もダサいと思っています。

コミュニケーション能力が低いから服装がダサいんです。

でも、もしもあなたがオシャレな人だとしても、自分から「私はおしゃれです」なんて言えませんよね。

だから、そういうときは、若い男性の場合は「セレクトショップで働いています」などと書いてしまえばいいんです。

中年の場合は「◯◯のバイヤーをしています」なんて書いちゃってください。

このくらいの嘘は許容されます。

とにかく会ってもらわなければ始まらないんです。

会った時にバレない嘘は許容範囲と考えてください。

だいたい、相手のほうは、ださくなければいいくらいに考えてるだけなので、あの仕事はもうやめたって言えば、それで満足してくれるものです。

偏見はあるから周りには理解されないけれど、今が俺の理想的な関係性。

ぼくは、元々、恋愛に性別の壁が無かった人間なのですが、最近は男同士の方が楽です。「仕事と私どっちが大事なの?」って質問が大嫌いなんですよ。

何なんでしょうね、あの無意味な質問。

それに比べると、今はライバルであり戦友であり恋人でもあるが故にお互いそんな質問はしないですから理想的な関係を築けてます。ま、向こうがどう思ってるかは怖くて聞けてませんが。

結婚は日本に居る限り無理だし子供は産めないし、周りにも公表出来ないけど別に俺は満足してます。ぼくの思う恋愛ってこれだなと。ただラブラブしたいってより、お互いに高め合える関係が理想だったんで。

悩みと言えばやっぱり、ゴールがあんま見えない事ですかね。ほら、結婚するとか子供産むとかそんなイベントは悲しいかな経験出来ませんから。まだ若いですから向こうがこれで本当に幸せなんだろうか、俺が邪魔しちゃってんじゃないかとか思う事もあります。

そういう時に限って気付かれるんですが、それを幸せだとか思ってる辺りただの惚気ですかね。

同性愛ならではの共感と共鳴、何よりもお互いが欲している言葉や態度が分かる。

同性愛恋愛での一番のメリットは「痒いところに手が届く」事なんですよね。

異性愛、いわゆる男女の恋愛で起きる摩擦の原因として挙げられるのが脳の違いで、同じ問題に直面した時に男性であれば論理で考えますが女性は感情で考えます。

この考え方の違いですれ違いが起きる確率が高く、その点同性愛ですと脳の構造が同じですので、一つの問題を同じ視点で見る事が出来ます。
交際中に何か問題が生じても、一緒に解決に向けようと努力をします。
女性は問題に対して努力して解決を選ぶのではなく延々嘆き、問題を抱えている事がむしろ好きなのでいつまでもその問題がループします。

この点で男性同士の恋愛はとてもアクティブでポジティブです。また、会話の共通点も異性愛よりもずっと多いでしょう。

子供の頃に好きだった野球選手や現在応援しているサッカーチームの話など、異性相手に話をするよりも断然盛り上がるはずです。
ベッドでの相性を考えても、自分と同じ体の構造ですので

どのように接すれば相手に悦びを与えてあげられるのかがよく分かります。
まさに、痒いところに手が届く感覚でしょう。

そして同性愛ならではのかけがえのないメリットがもう一つ、それは、単なる恋愛関係ではなく友情も同時に育める事です。

自分の恋人が、自分のいちばんの親友でもある、なんて本当に財産です。社会ではまだまだマイノリティーとして扱われてしまいますが、この世には男性と女性のたったふたつの性しかありません。

異性愛がまともで同性愛が不純だなどと誰にも決めつける権利はないはずです。もっともっと、同性愛の素晴らしさを伝えていけたらと本気で思っています。

やっぱり同性愛の人が普通に同じ同性愛の人と出会って付き合うってのは難しい

やっぱり同性愛の人が普通に同じ同性愛の人と出会って付き合うってのは難しいですよねね。

普通に生活していると、やっぱりそうでない人のほうが多いですから、ちょっといい感じの人を見つけてもなかなか声をかけづらいですね。

なんせ、こっちの素性がばれてしまいますと相手に惹かれるだけならいいのですけど、噂が広まって自分自身がいろいろきつい目に会っちゃいそうなんで
そういったのが怖いんですよね。

だから、普段生活しているときにはそういったことは隠して生活しています。

私自身も、その他の同性愛の方もそういった感じで過ごしてる人は実は結構多いのですよね。

それなので、出会うときにはやっぱりネットの出会い系サイトがいちばんです。色々と出会いがありますし、普段から素性をばらさないようにするリスクも負わないですから。

出会いがしやすくて、かつ自身の素性のばれないようにする私みたいな感じの人は結構いるんじゃないかと思いますよ。

ゲイ専用出会い系サイトなんだから即会いできなきゃおかしい

出会い系サイトなんだから即会いできなきゃおかしい

それは間違いないことです。

「出会い系サイト」のゲイ専用と謳っている場所に登録するのですから、出会いを求めていないゲイなど登録する訳がないのです。

きっとこの考え方、あなたの頭の中でこう変換されていませんか?

「即会いできないのはおかしい」=「俺が即会い出来ていない現状はおかしい」

この2つは似て非なるものです。

特にあなたに都合よく変換されたこの思いこみは行動にも影響するのです。

現状が不満ならば、自分自身の行動を変えることで解決するものなんですよ。

ゲイ同士ならなんでもOK!というわけではありません。

ゲイ同士ならなんでもOK!というわけではありません。世の中の女性と同じように、きれいでイケてるゲイというのは存在しますし、その逆もしかりです。

持って生まれたルックスはいかんともしがたいですが…しかし、それ以外の部分であれば努力と気配りでなんとかなるものです。特に大事なのはやっぱり清潔感ですね。

なかには山男のようなヒゲであったり、つかめるほどのだらしない腹の肉が「ツボ」という人もいますが、やはりそれはどうしたって少数派。一般ウケがいいものは大抵のゲイにもウケがいいのです。

自分から積極的にアプローチすることも時には必要です。

ゲイ専用出会い系に登録をしてプロフィールを作成すれば、そのうち好みの人からアプローチが来るかも?と思っていませんか?現実にはそう甘くはありません!待っているだけではなく、自分から積極的にアプローチすることも時には必要です。

最初にアプローチをするときには、とにかく丁寧にいきましょう。積極的と強引を勘違いしないでください。

何度かサイト内でやり取りをし、相手の緊張がほぐれた時がチャンスです。時にはエッチな話題を振って、相手の反応を見ましょう。その時に話に乗ってくれるようなら、アドレス交換を試みましょう。

タチよりもウケ・ネコの側のほうが多い

ゲイの世界は、タチよりもウケ・ネコの側のほうが多いのです。

だから、タチのアナタはおめでとうございます! 出会い系サイトに入会すれば、いろんなウケ・ネコがよりどりみどりなんです。

まずは、どんなプレイが好きなのかどうか聞き出すことから。そういうトークを楽しみつつ、どんどん出会いを広げてくださいね。

ゲイということを打ち明けられなかった悩み…。

学生のころから同性に対して、すごく興味がありました。 ゲイ雑誌やボーイズラブ関係のマンガや小説をこっそりベッドの中で読みながらオナニーしたりもしていました。 とはいえ、彼女を作って普通におつきあいしていた時期もあったのですが、デートをしてもセックスしてもイマイチ気分が乗りません。やはり、所詮自分をごまかそうという動機ではなにもかもがうまくいきませんでした。改めて自分はゲイなのかもしれない、というのをまざまざと認識させられるのはつらく感じていた時期もありました。

そんな感情を抱えたままでは、セックスやオナニーをしても気持ちよくならないんです。 そうしたことから(女性との経験もある以上、厳密にはバイなんでしょうけども)自分は「僕はやっぱり男性が好きなのかも…本当はゲイなのかも…」という気持ちがこれまで以上に日々強くなってきていました。 やはり抵抗めいたものがあって、両親や友人たちには、ずっとこの「自分はゲイかも」という真実をナイショにしてきました(現在も秘密のままです)。

周囲に相談できれば少しは気分も晴れたんでしょうけど、それがままならないからモヤモヤはつのるばかり。 そこでゲイとの出会いを果たしたいという自分の気持ちを解消すべく、レインボーラインやゲイ☆パラなどを使ってパートナー探しを行うようになりました。 ネットを使うということは、相手の顔が見えないというリスクは伴いますが、とにかくもう淋しかったんです。

周りに真実を語れない以上、ネットでの出会いに対して真剣になってみるべきだと思いました。 運のいいことに、優しそうな年上のゲイの方(以降、ケンジさんと書きます)と知り合うことができ、はじめはメールのやりとりから「清い交際」をスタートさせたのです。 でも、もう僕の方が限界でした。 ケンジさんのメールがすごく優しげで僕を包んでくれるようで、一気に直接会いたくなったのです。

その旨をメールで送ると、ケンジさんも「俺も会いたいよ」と返してくれました。 お互いスケジュールを調整して都合の良い日を確認し、いよいよ初めてのデートの約束をしました。 前日は眠れず、なんだか興奮して三度もオナニーしました。 会ったこともないケンジさんに抱かれる妄想をしながら、ベッドで喘ぎ続けました。

当日、ケンジさんはすごく丁寧に僕をリードしてくれました。 ケンジさんのアレはすごく硬くて大きくて、本当に僕のアナルに入るのか一瞬心配でしたが、ローションでゆっくりほぐしてくれたので痛みもなく、僕は腰を振りまくってました。 すごく気持ちよくて、お尻の中でケンジさんがイッた時、僕の中で恍惚とした幸福感がいっぱいに広がりました。 ケンジさんとの出会いのおかけで、僕は本当の快楽としあわせを知ることができたのです。 そのまま僕たちは今もお付き合いしています。