同性愛者だからこそ注意したい、出会い系サイトでの注意点

同性愛は最近では徐々にその存在が広まりつつあるものの、決して多数派にはなれない存在です。

そのため、同性愛をしたいとは思っても、「やっぱり男性を愛さなくてはいけないのかな……」とか、「同じ女性が好きな自分っておかしいのかな?」とお悩みの方も多いかと思います。

そんな方にとって、女性の同性愛者もいる出会い系サイトという存在は本当に貴重な存在になってくれるはずです。

しかし残念なことに、そんな女性の感情を逆手に取る、悪戯目的の成りすまし同性愛者が紛れ込んでいることもあります。

もし、そんな人に騙されたらショックですよね。せっかく自分の好きなものを認めてもらえると思った同性愛者にそのような仕打ちをする相手は断じて許されるものではありません。

そんな人に騙されないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? 今回は同性愛者だからこそ注意したい、出会い系サイトでの2つの注意点をご紹介したいと思います。

1.いきなりやたらと専門用語を使ってくる

初メールだというのに、過剰とも思えるほど自己アピールをしたり、同性愛者ならではの専門用語を使ってくるような相手は要注意です。

会ったこともない相手だから自分を知ってもらうために同性愛者であることをアピールしているのかもしれませんが、たとえ同じ同性愛者とはいえ、男性とメールをするように最初はマナーをわきまえてメールをするのが出会い系サイトのマナーです。

もし、相手が本当に同性愛者でも、会ってもいないのに相手や自分の立場を決める相手は自己中心的であまり長続きしない可能性が高いと言えます。

2.自分の住んでいる地域にすごく近いことをアピールしてくる

意外な落とし穴なのですが、「あなたの住んでいる地域と近いからメールしてみました!」というケースにも注意が必要です。

特に、「駅周りにはこういった施設がある」「○○の店の料理は美味しいよね」なんていうことを文面に書かれたら、親近感が湧いてしまいますよね。

けれど、今の世の中どこに何の施設があるかなんていうのは調べたらすくに分かります。それに、レストランのメニューもネットで調べたら簡単に調べられますし、味が不味い店を探すというのが逆に難しいと思います。

そういったご当地情報をしてくる相手には、簡単に信用する前に、その地域に住んでいなければ知らない情報を出したりカマをかけてみるといいでしょう。

特に、ネットで調べても出てこない・簡単には調べられない情報がベターです。

「デートをしよう」とは誘わない

女性同士のお付き合いでも「デートをしよう」というと身構えてしまいます。

だから、もっと同意を得やすい誘い方をしてください。

  • 「今度の日曜日に○○に用事があるんだけど、□□ちゃんの家、近かったよね? 晩御飯でも食べない?」
  • 「飲食関係のコンサルをしているんだけど、仕事で○○にゴハンを食べに行かなきゃいけないんだ。どうせ経費だし、よかったら□□ちゃんも一緒にどう?」
  • 「仕事で○○っていうショップに行きたいんだけど、□□ちゃんも好きだったよね。よかったら一緒に行ってもらえないかな」

というように、なにかのついでに誘ってあげると、同意を得やすいのです。

なぜなら、「デート」という言葉の裏には、「今後の関係もセットで」という意味が隠れているんです。

しかし、ついでに食事には、その後の関係に関するプレッシャーがありませんね。

もちろん、誘う側のこちらとしては、デートだろうとついでだろうとまったく同じことなんだからそれでいいんですね。

相手のほうからしたら、その景色はまったく違って見えます

行動が同じだとしたら、同意を得られやすい誘い方をしたほうが有利に決まっています。こういうちいさな言葉の違いが勝敗をわけるものなのです。

また、「デートに行こう」は断られると、次に誘いづらくなってしまうものですが、こういうついでの話なら、今度またついでの話があったということにして、何度でも誘うことができます。

デートを何度も誘ってくるのはウザいかもしれませんが、何度かついでに誘うと、スマートに感じませんか?

私がレズビアンだと気づいた最初の体験

私がレズビアンだと気づいた最初の体験をお話します。

あなたは、自分のセクシュアリティ……ハッキリ断言できますか?

完全なヘテロではないのかも。でも、レズなの? バイなの? 性を意識しだす思春期、その悩みは最高潮に達すると思います。

この気持ちは青春の思い過ごし?

私は中高と女子校に通い、四六時中女だけの生活でした。当然のように関わり合いは密接になります。手をつないだり、腕を組んだり、たまにふざけてキスしたり。周囲がだいたいそんな調子なので、自分が異質だとはまったく感じませんでした。

当時、私には大好きな友達がいました。Мちゃんという、有村架純を素朴にした感じの可愛い子でした。私は彼女が好きで好きで、毎日一緒にいました。「もしかしてこれは恋?」と思ったりもしました。

でも、卒業した先輩(宝塚の男役みたいな美人)から、「思春期に女ばっかりだと、ついついそういう感じになったりするから。でも、それは一時的なものなんだよねー」と聞いていたので、あえてこれは錯覚なんだと思うようにしていた気がします。

突きつけられたセクシュアリティ

学生時代、おっぱいの触り合いっこすることありませんでしたか? 誰々の胸が大きいと話題になって、キャーキャー言いながら触りまくる――更衣室で特によくありました。

Мちゃんは巨乳で、よく触られてました。私も頻繁に触りました(セクハラ)。

高校一年の夏休み、部活の合宿で民宿に泊まりました。夜に布団の上でおしゃべりしていたとき、少し離れた場所でМちゃんがウトウトしていました。

起こすつもりで近づき、後ろから寝転んでいるМちゃんに抱きつきました。しかし疲れているのかなかなか起きず、ヒマだったのもあってイタズラ半分胸を触りました。風呂上りのせいかノーブラでした。大きなおっぱいはさわり心地が良く、思う存分モミモミ。その流れで、つい乳首をクリクリ……。途端に、Мちゃんが跳ね起きました。

ビックリしたのか「やだー、○○が乳首クリクリしてきた~!」と絶叫。私は赤面。

みんな爆笑してましたが、若干引いてました。私も引きました、自分に。

本当に、ごく自然に手が動いてたんです。そのとき、自分は本当に女の子が好きなんだと確信しました。

のちに、実はレズビアンだった先輩からお墨付きをもらいました。

「揉むまでは普通だけど、乳首クリクリするのは完全にコッチの気があるね!」と……。ネットで情報がいくらでも手に入る今の時代。けれど、自分のセクシュアリティは脳みそよりも身体が一番よく知っているようです。

ゲイ出会い系サイトで使えるテクニック

クンを使う。

○○クンと呼びかけるようにすると、親近感を持ってもらえます。

タイトルが重要

タイトルに魅力がなければ、本文を読んでもらえるとは限りません。まずは、ちょっと目を引くタイトルを考えましょう。相手のプロフィールに書いてあることに、タイトルで触れていたほうがいいですね。

リバOKならそのことを書いておく

リバOKなら、かならずそのことを書いておいたほうがいいですね。そのほうが相手の範囲が広がります。私はウケリバですが、そのことを正直に書いたら一気に返信が増えました。

自分が美に気を使っていることをアピールする

自分が美に気を使っていることを強調してください。その辺は、女性よりもゲイのほうがよほど敏感です。どんな服が好きか。どんなアクセサリをつけているのか。そういうことを私たちゲイは知りたいんです。

行けそうだったら一気に行く

男女の出会い系と違ってゲイ出会い系の場合は、行けそうだったら短期間で一気に決めるほうがうまくいくことが多いですね。ゲイは性に貪欲なので、とんとん拍子にすすみます。

タチ・ウケ・ネコ・リバ

ごぞんじの通り、タチは男役・ウケは女役・ネコも女役・リバは両刀

ですね。

さて、このうち、ゲイ出会い系では、ウケ・ネコのほうが多いんです。まあ、実際の生活でもみなさん感じていますよね。

私もネコなんですけど、ネコってあんまり言いづらいんですよね。なんか突っ込まれるのが好きって思われるのがイヤというか……。

だから、私は基本的にはリバだと言うようにしています。

そのほうが出会いも増えますしね。すごく好みのタイプだった場合には、タチでもいいかなって思いますし。

もしあなたがタチリバ・ウケリバだとしたら、かならずそのことを明記するようにしてください。

できるだけ広く相手を募集したほうが出会いがうまくいく可能性が高まりますからね。

サクラはほぼいませんが、冷やかしがたまにいます

ゲイ向け出会い系サイトにはサクラがほぼ存在しないというのが定説です。違うサイトの運営会社が自社サイトに引きこもうとして

おいしい話や魅力的な画像で釣ってきて、続きはこっちのサイトで話そう!なんていう他業者によるサクラというのは存在しますが、サイト運営自体が雇ったサクラというのはお目にかかったことが無いです。

なぜなら、そもそもサクラが必要ないからですね。一般的な出会い系サイトでサクラが必要とされてきた主な理由は、その男女比にあります。どうやったって、男性会員のほうが多くなるわけです。

だって、並以上の女性であれば街を歩くだけでナンパされることはよくあることですし、そのナンパについていくだけで一時的なセックス欲を満たすことが出来ますからね。

ただ、男性であればなにかと努力をしなければなりません。それは時間的なものだったり、金銭的なものだったり…。そのため、なかなかセックスの機会がない。そのセックスする機会を探す一つの手段として、男性は出会い系に殺到するわけですね。

その少ない女性会員との差を埋めるために、しかたなくサイトがサクラを投入しているわけですね。そうじゃないと、男性ー女性というやりとりのラインがそもそも成立しないわけですから。

でも、ゲイ向け出会い系サイトではすべてゲイというひとくくりの塊の中で出会いを求め合うわけですから、男性ー男性という一つのラインしかないわけです。つまり、わざわざサイトがサクラを投入せずとも、勝手にやりとりを進めてくれるわけですね。

いまはサクラを雇っていると詐欺罪で摘発される前例もでていますし、わざわざそんなリスクを冒す必要性がありませんからね。そういう意味では、サクラの心配をしなくていいのはゲイ向け出会い系サイトの特権ですね。

気をつけたい冷やかしの存在

ですが、ある意味ではサクラ以上に厄介なひともいます。それは冷やかしという存在ですね。ゲイというのは昨今、だいぶ市民権を得てきているように感じているのは皆さんそうだと思いますし、事実そうだと思います。テレビでもおねえタレントを見ない日はないですからね。

そうして認知されていくと、興味本位でどういう世界なんだろう?と覗きたがる人たちが出てくるわけです。特に厄介なのが腐女子と呼ばれる存在。彼女らはボーイズラブという、マンガやアニメの男性キャラ同士のホモセックスを想像することに興奮を覚えるようです。

二次元だけの世界でとどまってくれれば私達の世界とは無縁の存在ではありますが、そこから実際の男同士の恋愛やホモセックスはどうなっているんだろう?と興味をもって、ゲイのふりをして潜入捜査のようなことをしてくる子が多いのです。

出会い系でも、たまにネカマ…いわゆるネットオカマという女性のふりをする男性がいたりしますが、彼女らはその逆のケースといえるでしょう。別になにか危害を加えてくるわけではありませんが、実際に会えるわけではないのでただひたすらに無駄です。

そういう冷やかしで時間と労力をムダにしないためにも、会うことをしぶったり先延ばしにするような人には注意をしましょう。

ゲイ出会い系サイトも普通の出会い系サイトと同様です。

男女間の出会い系サイトと違って、ゲイ出会い系サイトの場合、いきなり

いつ会える?
いつセックスする?

なんて聞いてくる人がいます。

たしかに、それでトントン拍子で話がすすむこともありますが、そうでない場合がほとんど。

やっぱり、信頼できるパートナーとじっくり出会いを探したいという人も多いんです。

相手がどういう出会いを求めているのかを見極めて、ヤリトリをすすめてください。

もちろん、ただたんなる体目的でゲイ出会い系を利用している方でしたら、そういうヤリトリをバンバンやりつづけてればいいと思います。

私のゲイ出会い

私の場合は、やっぱりお互い理解しあって、信頼関係を持って、そして性行為をしたいと思っています。

P自慢をいきなりしているような人とパートナーになることは考えづらいんですよね。私はヤリ目は相手にしていないので、プロフィールにはっきりと「ヤリ目NG」って書くようにしています。

また、最初に会う時も、いきなり夜会うのではなくて、昼間にランチでもっていう感じで誘っています。それで、今では、本当に信頼し合えるパートナーを見つけることができました。

どうでもいい相手と100人ヤるよりも、信頼できる相手と100%の性行為をするほうがずっとゲイ生活が充実するものなのです。

ゲイ出会い系サイトには、いろいろな目的を持って利用しているゲイがいます。きちんと自分に合ったパートナーを探せるようにがんばりましょうね。

ゲイ出会いに重要なのは会話力です。

ゲイ出会いを成功させるために重要なのはとうぜんながら会話力です。会話がスムーズにできなければ、ゲイ出会いを成功させることはできません。

しかし、会話にはセンスが必要です。そして、このセンスは一朝一夕に鍛えることはできません。

しかし、大切なのは「鍛えることができる」という事実なんです。

このことに気づかず、いつまでも引っ込み思案でゲイ出会いを成功させられない人が多い。そんなのもったいないんです。いまからでも遅くはありません。会話力を鍛えて、素敵な出会いを見つけましょう。

会話を鍛える方法はいくつかあります。

話題

会話が下手な人は、話題を探そうとします。例えば天気の話をしようとか、スポーツの話をしようなんて考えるんです。

そして、ただただ情報のヤリトリをするだけなんです。

しかし、会話とはそういうものではありません。わたしたちが聞きたいのはそういう話ではありません。

その話題の中で、あなたがどういう立場にいるかをしりたいんです。あなたを知りたいんです。あなたはあなたのことを伝えなければならないんです。

たとえば、雨の話をするなら、

「外回りの仕事をしていて急に雨が降ってきて大変だったよ。でもぼくは、雨に濡れたとしても、あんまり濡れなくて良かったってポジティブに考えるようにしているよ」

なんていう話をするんです。

その話題とあなたとの関連性を話していくわけです。

ただたんに話題だけを並べ立てても意味がありません。

聞く

ほとんどの人は話を聞くのが下手なんです。もっといえば、「聞くのが下手」どころか聞いていません。

会話は、耳で聞くのではありません。耳で、体で、目で聞くんです。相手のすべての情報を自分にとりこむんです。

もしも、耳だけで聞いていたとしたら、相手はあなたを「きちんと話を聞かない人」と認識するのです。

そして、きちんと話を聞いてくれない人とは、会話をしたくないんです。

そんなことでは、ゲイ出会いは成功しません。

まずは、相手の会話を聞くときには相手の目を見ることから始めてください。

目を見て会話を聞くことがゲイ出会いを成功に導く第一歩なのです。

目を見る。

目を見るといっても、目をじっくり凝視しているだけではダメ。

両目と鼻の間の三角形を見るようにしてください。

そして、ときおり会話の重要な部分にさしかかったときだけ目を見るようにするんです。

日本人の場合は、このくらいのアイコンタクトがちょうどいいようですね。

ためしに、仲の良い友人の話をこんな風に聞いてみて、どう思ったかを聞いてみてください。あなたが一生懸命目を見ようとしても「目を見過ぎ」とは絶対に言われないものなのです。

動く

相手の話を聞いているときは顔と体を動かさなければいけません。

相手の話を聞いて驚いたときには、驚いたような表情と態度を見せてください。面白かったら、楽しかったら……すべて同じ。

きちんとリアクションをとってください。そうやって同調していけば、すぐに仲良くなれるんです。

自分の話をしない。

自分の話ばかりベラベラと話すのはやめてください。

人はだれしも、自分の話を聞いてくれる人が好き。

でも、だからといって自分ばかりが話すのはルール違反です。もしも、自分ばかり話しているなと思ったら、質問をして相手が話すことを促してください。

そのときに、「あなたに興味があるから質問しているんだ」という感情が伝わると良いですね

レズ出会いファーストメールのコツ

名前は重要です。

まず、自分の名前と相手の名前はかならずどこかに記入してください。

たとえ、ニックネームであっても、人は、自分の名前を読んでもらうことに喜びを感じるものです。また、完全なるコピペ文ではないと相手に思ってもらえるという利点もあります。

メールした理由

あなたがなぜ、その女性にメールをしたのかを書いてください。プロフィールを見て、どの部分が気になってメールをしたのかを書くんです。

もちろん、実際には、こちらはやたらめったらメールを送っているわけだから、そんなものはどこにもありません。しかし、タイトルあるいはメールの最初のほうに、「あなたにメールをした理由」を書けば、返信率は一気に高まります。

彼女は、「自分じゃなければならなかった理由」が欲しいのです。

ぜったいに答えられる質問を1つだけ書く。

ぜったいに答えられる質問を1つだけ書いてください。

たとえば、「世田谷区のどのあたりに住んでいますか?」なんてのは、最初のメールで聞いてもこたえてもらえるとは限りませんよね?

「何歳ですか?」「職場はどこですか?」も同様にこたえてもらえるとは限りません。

最初のメールで、答えにくい質問が来たら、その時点でメールを続けようとは思わないんです。

ゲイ出会いでの写メ撮影テクニック

ゲイの出会いも大事なのはやっぱり写メ。今回は、ゲイ出会い系サイトの写メの撮影で気をつけるべき点をまとめました。

どの方向の顔にするか。

まずは、いろいろな角度から顔を撮影してみて、どの角度が素敵に見えるのか確認して下さい。

右の目と左の目の大きさは違いますね。右と左の頬の膨らみは違いますね。

そういうことに敏感になってください。

さらにいえば、会った時にどちら側の顔を見せたほうがいいのかというのも意識したほうがいいですね。

写真を撮影するなら自然光で

蛍光灯の光ではなく、自然光で撮影しましょう。蛍光灯の明かりの下で撮影するとすごく安っぽく見えてしまいます。

昼でも夕方でもかまいません。どんなシチュエーションがいいかを考えて時間帯を決めましょう。

また、服は、光を活かすために、できるだけ明るい色を選んでください。

写真はアップにしすぎない。

自分の写真を撮影するときに画像いっぱいに自分の顔を撮影している方がいます。圧迫感があって怖いですね。

カメラ目線である必要はない。

斜めから撮影して目線を外しておくのもクールな感じがしていいですね。自分がどんな表情が似合うのか、いろいろ試してみてください。

下から撮影しない。

下から撮影すると下膨れがめだって老けてしまいます。