「女性はみんなバイかビアン。ストレートなんていない!」という研究結果が発表され、ビアン業界に激震が走る!?

d0133183_0262731

女性が女性を好きになったり、性的な対象として興奮したりする人は少数派でもなんでもなく、実は全女性がそうだった!!という驚きの研究結果がイギリスにあるエセックス大学に在籍する心理学部のゲルルフ・リーガー博士から発表され、ビアン業界はもちろんのこと全世界がその研究結果に驚いています。

現代において、人間がさまざまな性的指向を持つ存在であることは、生理学的にも自明の理となっている。宗教や文化、そして歴史的背景から、「同性愛」をはじめとする一部の性的指向が容認されない場面もまだまだ残ってはいるものの、世界の流れとして、各自のありのままの姿を認める動きは今後も一層広がっていくことだろう。そのようななか、

「女性はみんなバイかレズ。ストレートなんていない!」

女性の性的指向に関して、このような研究結果が発表され、欧米のメディアが沸き立っている。これまでの常識を大きく揺り動かす、驚くべき主張の詳細についてお伝えしよう。

http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_40730/

わたしたちレズビアンからすると、そういう世界に生きていますのでその傾向自体にはなんの疑問ももちませんが、全女性がそうだった!と言われてしまうのはちょっと「そんなのウソに決まってるでしょ?」と思ってしまいますよね。なにせ、レズビアンであるがゆえに悲しい思いをしてしまった人はほとんどのレズビアンがそうであることでしょう。私はあくまでも少数派であり、ふつうではないことなんだ。相手にもそれを求めてしまうのはいけないことなんだ、と。経験からそれを飲み込んで乗り越えてきた人たちにとっては、かなり乱暴な研究結果ですよね。

エセックス大学ってそもそもちゃんとした大学なの?なんか学校名にセックスとか入ってるし……いかがわしい大学なんじゃないの?と思うかもしれませんが、エセックスというのはイギリスでは由緒ある名前であり、いまのロンドンがある場所に古来からあったエセックス王国からきている名前です。日本で言えばロンドンが東京であれば、エセックスは江戸といった感じでしょうか?イギリスを代表する地名を冠しているだけあって、大学のレベルも総合的に非常に高く、中でも社会科学の分野の研究機関は世界でも名だたるレベルで評判なようです。

日本の大学で言えば慶応や早稲田くらいの地位はある大学だと思われます。そんな高水準の大学に在籍している博士が発表したのですから、トンデモ理論だ!と決めつけて片付けてしまうわけにはいかないかもしれません。なのでここはレズビアンの視点から、博士の主張と私達の実体験を照らしあわせてみることにしましょう。

博士の主張……それは、女性の裸を見て興奮したのだから性的な対象として見ている!

これに関しては、なにをもって興奮している、と判断したかによりますよね。たんに心拍数が上がったとかでしたら、それはノーマルな女性にだって大いに有り得ることだと思います。この研究で使用している女性に見せるための女性の写真というのは「魅力的な女性」に限られているそうです。

つまり容姿端麗でスタイルも抜群……モデルや女優さんのようなレベルの裸の写真が用いられたことでしょう。そうであれば、女性が魅力的な女性の裸を見てドキドキしたり興味をもってしまうのはごくごく自然なことのように思います。この研究を発表したゲルルフ・リーガー博士は男性でしょうから、男性が言うところの「裸を見て興奮」と結びつけてしまっていることが問題のように思えます。

男性が女性の裸を見て思うことは、ヤリたい!Hがしたい!という性的興奮でしょう。しかし、私たちレズビアンからしても女性の裸を見て直接的にヤリたい!Hがしたい!という性的興奮というのはあまりありません。魅力的な女性の容姿やスタイルをみてドキドキしたり触ってみたい、抱きしめられてみたい、と思うことはあれど、それが性的欲求か?と言われればちょっと違う気がするんですよね。

博士の結論としては、ノーマルな男性に魅力的な男性の裸を見せても興奮していない。ゲイの男性に魅力的な女性の裸を見せても興奮しない。でも女性はノーマルな女性だろうが、バイな女性だろうが、レズビアンな女性だろうが、女性の裸を見せたら皆が興奮する。だから女性はみんなバイかレズビアン!というなんとも乱暴なものと言わざるを得ません。興奮の定義が男性の視点になってしまっているのが問題なんでしょうね。

世界的な反応としては、賛同する声もあれば猛烈に批判する声もあったりなど、いわゆる賛否両論……となっているようですが、おそらくは否定的な意見のほうが多いと思います(笑)とくに女性からの意見としては「実体験にそぐわない」として受け入れられない女性のほうが多いようですね。

日本の女性たちの反応は?

では私たち日本人の女性はこのニュースを受けてどう反応したのでしょうか?ガールズちゃんねるにてこの記事をテーマにしたトピックが立っていましたので、多くの支持を受けているコメントを抜粋して紹介したいと思います。

わかります

でも、好きになるのは男性です

綺麗なスタイルの人は興味持つし見たくなるよ
単純に美しいから

でもそれは恋愛感情ではないから
その人とキスしたいとかセックスしたいとか絶対に思わない

研究者バカなのかな?

うーん…確かに女性のヌード、ついつい見ちゃうなー。
でも、それを自分がどうこうしたい!とかじゃなく、スタイルいいなー!とか、男が好きそうなエロい身体だ…(笑)とか思ってるだけなんだけど。
そういうのもバイって言うなら、私はバイだわ。

「バイである」、「レズビアンである」、
って言うより「絶対にムリ!ではない」って事だと思う。
男性の場合は「同性とは絶対にムリ!」って人もいるけど、
女性の場合は自分で気付いてないだけで「絶対にムリ!」な人はいないって事だと思う。

ごめんなさい文章下手で(;´д`)

10年くらい前に、こういうの何かで読んだことあるわ。
バイかレズかじゃなくて、ほとんどのストレートの女性が同姓と恋愛する可能性があるって話だった。
女性は友達と手を繋いだり腕を組んだり、接触するのに抵抗がないかららしい。

私は中学の時初体験で男の人としたんだけど、その時の感想がすっごく気持ち悪くて気持ち悪さにショック受けてずっとえっちするのがトラウマだった〜
何でみんな平気なの?ってリアルに疑問だったけど、自分がレズかも?って思って女の人とそうゆことしたらびっくりするほど自然と出来た。笑
みんなのコメント見てると自分が異性愛者の人と感覚が違うんだなぁって心底思う(>_<)

女性のヌードに興奮するのは、それを性的な「対象」としてるわけじゃなく、どちらかというとそこから想起されるエロティックな状況まで無意識のうちにイメージして自分を投影するんじゃないのかな。女性だってレディコミとかティーンズラブとか読むけど、その時の興奮と少し似てると思う。
私もキレイなおっぱい見るとエロいなぁと思うけど、じゃあその持ち主とどうこうと考えようとすると生理的な嫌悪が出てくるもん。

引用元:http://girlschannel.net/topics/534192/

……といったように、全体的には「全員バイかレズビアンっていうのは言いすぎだけど、でもそれを完全に否定はできなくて、どちらかといえば心当たりがあるかも……?」というようなコメントが多くの支持を得ていました。

共通の認識としては「その感情は理解できる」といったものが多かったですね。ただ、そこから先のライン……つまり、その女性と実際に性的な関係を結びたいか?といえばそうは思わない、というのが多数派でした。

そしてレズビアンに対して否定的な意見……気持ち悪いとか、理解できない、といったコメントには否定的な投票が多く行われていたのも特徴的でしたね。やはりレズビアンを完全に排除するという考えの女性はかなりの少数派なようです。レズビアンに対して理解がある女性が増えてきているのは喜ばしいことですね。ただ、それはあくまでも自分に直接関与しない場合は、というケースが多いので……ビアンに理解のある話をしていた人だから、きっと私のことも受け入れてくれる!かといえば、そうとは限らないのが現実ですからね。

とはいえ、日に日にわたしたちレズビアンにとっては過ごしやすい環境になっていっていることは実感できています。こういうトンデモまがいの研究発表から、こういった議論が活発になるのもいいことですよね。

ネットでの出会いは、相手がレズビアンだとわかっているから安心

279_5

レズビアンの誰もが抱えてしまうであろう悩みとして、ノンケの女性に恋をしてしまった時です。明らかにその人は男の人が好きだろうし、彼氏だっていたことあるから、とてもレズビアンだとは思えない……そのはずなのに、恋をしているときというのは盲目になりがちです。

ちょっとした仕草や、相手からの優しさを受けたときに、これってもしかして……?なんて期待をしてしまうものなんですよね。しかし、多くの場合は勝手に都合よく解釈してしまっただけの勘違いであったりしてしまいます。それに気づかず、もしかしたらあの人もレズビアンかもしれない!と思い込むようになってしまい、告白をしてフラれてしまう……よくある話ではありますが、実にせつない話です。

その経験を経て、あえてノンケ専門にはしる人もいるようですが、ケースとしてはやはり稀なほうでしょう。多くのレズビアンは、あまりノンケに告白してフラれてお互いを傷つけ合うことになってしまうことを避けたがるはずです。

出会い系なら、レズビアンしか登録していない

その点、インターネットでの出会い系SNSであれば相手がレズビアンだとわかったうえで話すことが出来ます。なにもそれは恋愛感情に発展しなかったとしても、同じ境遇をわかちあえる、話し合える心強い友人として貴重な出会いになることは間違いありません。

最大の不安である「相手がノンケかもしれない」「自分がレズビアンだと知られたら引かれるかもしれない」という悩みを抱えることなく、出会いを成就することが出来るのです。一度体験してみるとわかるのですが、これの安心感といったら他では決して味わえません。確実に自分の境遇を認めてくれる、わかってくれる人しか周りにいない環境というのはとても居心地がいいものです。

ただ、同じレズビアンであっても求めているものが同じとは限りません。極端なことを言えば、ただ同じレズビアンの友達・メールやLINEで話すだけの友達が欲しい人から、ただセックスだけをしたいというセフレを探しているような人までいます。

そこのところはまず最初に確認しておくといいでしょう。どういった関係を求めているんですか?ということの確認はとても大事です。そこの確認をしないまま、会う直前になって……もしくは会ってから実は求めているものがまったく違った、なんてことは避けたいですからね。

レズビアンの将来

なんちゃってビアン

『なんちゃってビアン』とは単なる興味本位や自分の性に対する違和感を持ち、自ら『レズビアン』と公表しながらも結局は彼氏を作ったり、異性と結婚してしまう人の事を指します。私達の様に『真性レズビアン(根っからのレズビアン)』と違います。自分で足を踏み入れたものの、結局は足を洗ってしまうのです。

この人達は真性レズビアンの事をどう思っているのでしょうか? もしかしたら、真性レズビアンの事を馬鹿にしているのではないかと疑ってしまいます。私はなんちゃってレズビアンという人は好きではありません。むしろ、嫌いな方に分類しています。

彼女と一緒にレズビアンバーに行っても『私の彼氏は○○なの』『もうすぐ結婚するんだ~』と言っている人がいます。これには腹が立ちます。だったら、別の場所で悩みを打ち明けて欲しいです。まあ、考え方は人それぞれですから、何とも言えませんが。

主婦ビアンと離婚

『主婦ビアン』というのは、結婚した後に『自分は実は男性ではなく、女性が好きだった』と気付く人の事を指します。そして、女性とお付き合いを始め、旦那様と離婚するというパターンです。実際に彼女の知人は以前、主婦ビアンだったようで、現在は離婚して彼女さんと同棲しているみたいです。離婚時にお子さんは授かっていなかったので、すんなりと離婚できたと仰っていたそうです。

また、逆のパターンも多くあります。旦那様が実は『ゲイ』だったと言う事も。結婚してから自分の恋愛対象が違っていたと言う事は自分を改めて知れるのではないかと思っています。

しかし、お子さんがいらっしゃる方は簡単に離婚出来ません。お子さんの事を第一に考え、話を進めていって下さい。

養子縁組

『今の彼女と一緒に居たいし、彼女との関係を記録して残したい。』と思っている方は戸籍上で『養子縁組』を行うといった方法もあります。養子縁組は2つのパターンがあります。1つは『自分の両親の子供として養子縁組』を行うパターン、もう1つは『当事者同士で養子縁組』を行うパターンがあります。前者は『姉妹』となりますが、後者は『親子』の関係になります。しかし、これらは『自分や相手の両親や姉弟等に「カミングアウト」する事』が前提となりますし、お付き合いしている方や養子として迎えてくれたご両親が亡くなられた場合は財産分与等の問題が発生してきますので、初めに法律事務所や役所に相談して下さい。そして、良く考えた上で戸籍を変更して下さい。

外国籍になり結婚

日本ではまだ認めていない『同性婚』。本気に結婚を考えている方は、『同性婚が認められている国』の国籍を取得して、結婚をするのもアリでしょう。これも『家族や友人たちに「カミングアウト」』しなくてはいけません。実際に外国籍を取得して、海外の女性と結婚した方もいらっしゃいますし、日本人同士で外国籍を取得して結婚するといった方もいらっしゃいます。外国籍を取得する為には、まずは法務局に相談して下さい。外国籍を取得すれば、貴女は『外国人』となります。しかし、再び『日本国籍』を取得するのは非常に困難だという事を覚えておいて下さい。

まだ日本では『同性愛』を認めてはくれません。もっと、理解して受け入れてもらいたいと私達は願っています。皆さんの周りでも同性愛者の方がいらっしゃるかもしれません。どうか、軽蔑しないで下さい。異性と付き合う事だけが恋愛ではありません。同性愛も立派な恋愛です。是非、皆さんも同性愛者の講演会に足を運んで下さい。映画やテレビを観て、同性愛について学んで下さい。そして、私達を受け入れて下さい。

レズビアンの生活

『レズビアン』を隠して

『同性愛』が浸透されていない日本で生活する事は非常に困難です。もし、周りの人に『同性愛者』とバレてしまった場合、会社に居辛くなるでしょう。親しい友人が去って行くでしょう。『カミングアウトしたくても出来ない』と思っている方が多いのが現状です。実際、私もカミングアウト出来ない状態でいます。家族や友人、会社の同僚にバレてしまったら……と考えてしまうと怖くなって出来ません。きっと、彼女も同じ様に考えていると思います。もっと、同性愛について多くの人が理解してくれればと常に思っています。

レズビアンならではの仕事

風俗嬢

『風俗』と聞くと『男性が女性と一緒に行為をする事で快楽を得る』と思われがちですが、実はレズビアン専用の風俗も多くあります。性行為だけではなく、エステやマッサージ・デート等といったサービスを提供してくれる風俗もあります。男性と同じようなサービスを『女性に』行ってくれるのです。

また、求人も多く出回っています。Wワークも可能ですし、殆どのお店は年齢や体型に拘っていません。自分の好きな時間に働く事が出来るので、プライベートを優先して構いません。生理休暇も必ずあります。そして、大きな特徴は『給料が高い』というのが最大のメリットではないでしょうか。勿論、性行為を行うお仕事が一番高いと思いますが、沢山の女性と接する事が出来ますし、デメリットは無いに等しいです。強いて言うなら、接客業に当たりますので、コミュニケーション能力は必須です。風俗のお仕事は体験入店もありますので、気軽に応募してみて下さい。

但し、風俗のお仕事は高校生未満はNGです。働ける年齢も18歳からです。風営法により禁じられていますので、雇う側も注意が必要です。

レズビアンバー

皆さんの出会いの場でもある、『レズビアンバー』。ここで働く事も十分可能です。お酒を飲みながらお客様の悩みを聞いてあげたり、逆に聞いてもらったりして色々な刺激を受けられます。そして、『女性専用のバー』なので男性が入店する事はまずありません。こちらは、レズビアン以外の方でも働けます。但し、20歳未満の飲酒はNGです。

おなべバー

このお仕事は『ボーイッシュ』で『バリタチ』の方でしか出来ないお仕事と言えるでしょう。しかし、『男性』として働くので、レズビアンの方にはお勧めできません。入店されるお客様は男性も多くいらっしゃるかもしれません。ここで働くのは本人次第です。

この様にレズビアンの方でも働けるお仕事は沢山あります。自分に合った環境でお仕事を探すのも必要な事です。男性と働きたくないと思っている方はこちらの求人を探すと良いでしょう。

私達の日常生活

私達は現在、アパートで同棲をしています。四六時中彼女と一緒に居たいと思った為です。私の実家は姉が引き継ぎました。また、彼女の方もお兄さんが実家を引き継いでいるので問題はありません。

まずは部屋探しから始まりました。本当は1LDKの部屋が良かったのですが、女性2人でその部屋に住むとなると周囲から色々思われるのではないかと思ったので、2DKの部屋を借りることにしました。周囲からは『ルームシェア』と思われるように。引っ越しや住民票の移動、大家さんやアパートの方々への挨拶も終え、いよいよ同棲開始です。

私は、大学を卒業してからOLとして働いています。女性が多い職場ですので、男性が苦手な私でも安心して仕事が出来ます。勤務時間は9時~18時。残業は月末・月始以外ありません。ちなみに彼女は高校を卒業してから、2交代制の工場で働いています。彼女が働いている会社は4勤2休、私の会社は5勤2休。生活リズムはお互いバラバラです。家事は主に私が担当しています。彼女の仕事がとても忙しいので彼女に負担を掛けたくありません。

彼女が日勤の時は彼女の分もお弁当を作っています。彩りや栄養を考えて試行錯誤しながら毎日作っています。彼女は嫌いな食材が多くてお弁当を作るのも一苦労です。まあ、嫌いな物も勿論お弁当に入れますけど。それから洗濯や軽く掃除を行って、彼女を起こしにいきます。彼女は寝起きが非常に悪いです。中々起きてくれなくて毎日大変です。無理やり起こし、朝ごはんを食べさせてから、私と彼女は一緒に出勤します。彼女は最寄りの駅のすぐ近くで、私は電車通勤です。駅まで一緒に行き、そこでお別れ。本当は「行ってきます」のキスをしたいのですが、周囲の目がある為我慢です。

仕事が終わるとまずは彼女に連絡。これは毎日の日課です。彼女は残業も多くある為、私より後に帰ってきます。家に着き、洗濯物を取り込んだ後は、晩ご飯を作りながら彼女の帰りを待ちます。晩ご飯が出来た頃に彼女が帰ってきます。「お帰り」のキスをしようとしますが、彼女は「汚いからダメ」と言ってキスをさせてくれません。いつもそうです。朝は出来ないので、せめて帰ってきたらキスをしたいのにと毎日思います。ですから、彼女がお風呂から上がってきた時にその日初めてのキスをします。それから晩ご飯です。晩ご飯を食べ終えた後は、2人で片付け。その日にあった事や色々な事を話します。その後、彼女が就寝するまでまったりタイム。彼女が寝てから私はお風呂に入ります。それから、彼女に軽くキスしてから私も眠りにつきます。

彼女が夜勤の時は、私は彼女の分の食事(起きた時に食べる物)とお弁当を作り会社に行きます。仕事の休憩中に彼女に「起きた?」の連絡。もし、返事が返ってこない場合は鬼電です。彼女は必ず仕事に出かける時には連絡をしてくれます。私は仕事が終わったら、買い物をして帰宅。彼女がいなくて寂しいですが、これも仕方のない事です。ご飯を作り、1人で食べます。勿論、彼女が仕事から帰ってきた時用のご飯も作ります。それから片付けやお風呂に入り就寝。彼女は帰宅したら、ご飯を食べてお風呂に入り、就寝。必ず寝る時に私の頬にキスをしてから寝ます。彼女がキスをするのが解ります。頬に触れている感触があります。それだけでも嬉しいです。朝、私は起きると彼女が食べた食器を片付け、ご飯やお弁当を作ります。それから仕事にでかけます。

私が仕事に、彼女が休みの時は彼女を十分に寝かせてあげます。毎日仕事で疲れているのですから。彼女が起きてきた時に食べられる食事は必ず作ります。彼女はその食器は洗ってくれますが、私が仕事から帰ってくると・・・汚れが落ちていなく、私がもう一度洗い直します。彼女は家事が全くと言っていい程出来ません。それだけ私に甘えているのかもしれません。彼女が実家でどの様に育ってきたのかはあえて聞きません。彼女の家庭の事情に首を突っ込んではいけないので。でも、洗濯物は取り込んでくれているので、それだけでも有り難いと思っています。

そして時々ですが、私の帰ってくる時間帯に彼女は駅まで迎えにきてくれます。その時は一緒に買物に行きます。それから、晩ご飯の支度をします。彼女も手伝ってくれるのですが、包丁は絶対に渡しません。以前、一度だけ包丁を渡した事があったのですが、彼女は指を怪我しました。包丁で自分の指を切ってしまったのです。幸い大事には至りませんでしたが、大きな怪我をしては危険なので、ほぼ料理は私が作っています。その間、彼女はお風呂を沸かしてくれたり、洗濯物を畳んでくれたりと色々行ってくれます。晩ご飯が出来たら、一緒に食べて片付け。その後はお風呂に入りますが、彼女と一緒にお風呂に入ります。お風呂場の中でキスをしたりハグしたりして、楽しい時間を過ごします。その後はまったりして、同じ時間に就寝。彼女と寝る前にディープキスをしてから寝ます。SEXをしたいのですが、私は翌日の仕事に響くので、仕方なく我慢です。

彼女の休みと私の休みが重なった時は私達は色々な場所にデートしに行きます。映画館や買い物、ウインドウショッピング等、外食もその時にします。時々、ホテルに行きSEX。いつもは家で行為をするのですが、やはりホテルで行うのはとても新鮮味があります。2日間とも休みが被った日は1泊2日の旅行に行きます。お互い温泉に行くのが趣味なので、各地の温泉に浸かりに行きます。彼女は旅行に行く時は必ず『ナベシャツ』を着用しているので、胸を目立たなくしています。ですので、私達は気兼ね無く手を繋げることが出来ます。周囲から見たら、私達はきっと、『彼氏・彼女』の関係と思われているでしょう。一緒にご当地グルメを食べたり、ご当地キャラのストラップを購入したりして、2人の思い出にしています。彼女とお揃いの物が沢山増えてきます。デジカメのデータも埋まっていきます。それに何より、彼女と楽しい時間が過ごせるのが一番嬉しいです。

極稀に喧嘩もありますが、お互いの性格を解りきっているのでどちらからともなく謝りますし、何よりPMS(生理前症候群)や生理を解ってくれる事が嬉しいです。男性ではこのような事は解ってくれませんから。

この様に私達は生活しています。私が今までお付き合いしていた女性達と彼女は全く違います。彼女と私はアウトドア系なので、色々な場所に出かける事が本当に楽しいです。周囲の目が気になりますが、とても楽しい時間を過ごしています。いつまでも、これからも一緒に生活していきます。

レズビアンのセックス

私が今の彼女と出会ったのは4年前です。ハッピーメールで出会って、お付き合いを始めました。私と彼女は同い年です。

彼女は、とてもボーイッシュで一見男性の様な風貌です。ノーメイクでいつもスッピン。髪はショートカットで、いつもパンツ姿。学校の制服以外では一度もスカートを履いたことが無いと本人は言っています。彼女もまだ家族や友人にカミングアウトしていません。彼女は父子家庭で育ちました。彼女がまだ幼い頃、母親は他に男が出来たらしく子供たちを残して出て行ったようです。今でも、母親を憎んでいると言っています。彼女には兄が2人おり、男家族で今まで生きてきたので時々男性口調になってしまいます。その時はビックリしますが、仕方の無い事です。その後で頭を撫でながら「ごめんね。」と謝ってくれます。

それに対して、私は髪はロングでスカートをよく履きます。今までパンツを履いた事は無いと言って良いでしょう。幼い頃の写真を見てみても、スカート姿しかありません。私は3人姉妹の末っ子です。姉たちのお下がりをよく着せられていました。メイクはいつもバッチリしています。スッピンに自信がありません。それでも、彼女は「スッピンでも十分可愛い」と褒めてくれます。
私達の場合は、お互い真逆で彼女が男性側、私が女性側という立場になります。ちなみに、私のようなボーイッシュでは無い方の事を『フェム』と言います。

『タチ』と『ネコ』

レズビアン用語の中には『タチ』と『ネコ』という言葉があります。タチは性行為で積極的に動いてくれる側、ネコはタチとは逆で受け身になる側の事です。また、タチ・ネコ両方を持っている事を『リバ』と言います。そして、完全にタチ・ネコと自他共に認めている事を『バリタチ』・『バリネコ』と言います。

レズビアンの事を『百合』と言っている方もいますが、主にレズビアンのマンガや小説で多く使われています。『BL(ボーイズ・ラブ)』と同じ様に『GL(ガールズ・ラブ)』とも言われます。
ちなみに、私達の場合は彼女が『タチ寄りのリバ』、私が『ネコ寄りのリバ』です。

女性ならではの気持ちよさ

男性とお付き合いしている方が女性と行為をしてしまった場合、ほとんどの方が『女性との行為の方が気持ち良かった』と話しています。これは『女性ならではの感じるスポットをお互い知っている(知り合える)』からです。男性との行為では感じられなかった場所を刺激してくれる(刺激する)事によって、とても気持ちよくオーガズムに達してしまうのです。女性同士で行為を行ってしまったら、もう虜になってしまいます。それだけ、素敵な行為になるのです。

現在では男性とお付き合いしている女性の約70%が演技で行為を行っているそうです。オーガズムに達したふりをしているのです。これでは自分は気持ちよくなれないですね。例えテクニシャンな男性と行為を行ったとしても。

ハグから初めてみよう

処女や経験者でも初めて彼女と行為を行うのは誰だって緊張します。そんな時は、相手を優しく包み込むように「ハグ」してあげて下さい。お母さんが子供を抱くようにしてハグすると、お互いの緊張が解けるでしょう。「大丈夫だよ」と時には声をかけてあげる事も重要です。彼女が安心してきたら、次はソフトキスをしてみて下さい。キスを行った後は笑顔で接してあげましょう。相手がまだ緊張しているなと思ったら、またハグして下さい。これは、タチ・ネコ・リバ関係なく行って下さい。タチの方でも緊張してしまう方はいます。ゆっくりと時間をかけて行って下さい。

キスを上手く使い分けよう

キスとハグをある程度繰り返してお互い緊張が解れ安心してきたなって思ったら、今度はディープキスをしてみましょう。お互いの舌を絡ませ合いながらキスをするのです。彼女に合わせながらゆっくりとしてみて下さい。ディープキスが終わったら、またソフトキス。この繰り返しで処女の方でも上手くキスが出来るようになってきます。ハグでもキスをする上でも重要な事があります。『相手に合わせる』事です。自分がグイグイいってしまったら、せっかくのムードが台無しになってしまいますし、彼女に嫌われてしまいます。焦らず、相手の反応を見ながら慎重に行って下さい。

彼女の裸を褒めよう

お互い良いムードになれたら、次は服を丁寧に脱がしてみましょう。勿論、相手が先です。彼女の反応を見ながらゆっくり脱がして下さい。特にボタンやフリル・ブラジャーを取り扱う時は慎重に行って下さい。相手の服が破れたり、伸びたりする危険性があります。徐々に服を脱がしていった所で、今度は彼女の体を褒めましょう。女性は男性に比べて体の悩みを多く抱えています。その悩みを否定して下さい。「太っていないよ」や「綺麗な体しているね」と声をかけてみましょう。恥ずかしがっている様子でしたら、ハグやキスをして落ち着かせる事。いくら彼女とはいえ、他人に裸を見せる訳ですから恥ずかしいに決まっています。

彼女が落ち着いたなと思ったら、今度は自分も服を脱ぎましょう。相手が脱がせたがっていたら、任せましょう。その時は上手くサポートしてあげて下さい。

裸に触れてみよう

お互い脱ぎ終わったら今度は優しく触れてみて下さい。吐息が聞こえてきたのなら、今度はちょっと強く触ってみましょう。その繰り返しです。『彼女はどこが感じるのか』を判断する事が重要です。もし、彼女が痛がっていたらそこを触るのはやめましょう。しかし、相手にとっては痛くても気持ち良いと思うかもしれません。もしかしたら緊張のあまり我慢してしまっているかもしれません。その時は「痛かったね。ごめんね。もっと触って欲しい所はある?」と声をかけてみて下さい。この時もハグやキスをして下さい。彼女を落ち着かせる事も重要です。

感じている場所を舐めてみよう

彼女の性感帯が解ったら、今度は舌を使って触ってみましょう。胸・お腹・背中・おしり等、感じる場所は様々です。舌を動かしながら触っていきましょう。彼女の吐息が喘ぎ声に変わったら、感じてきている証拠です。色々な所を舐めてみましょう。もっと気持ち良いと感じてしまう場所が見つかるかもしれません。特に、乳首は感じる方が多いのではないでしょうか。乳首を触りながら、もう片方の乳首を舐めてみるのも良いでしょう。性感帯は相手によってかなり違います。『前の彼女はここが感じていたから、きっとこの子も感じるだろう。』と思ってはいけません。相手によっては性感帯ではない場所の可能性もあります。

自分の体を触ってもらおう

相手が十分感じてきた所で、今度は自分の体を触ってもらいましょう。その時に自分の性感帯を教えてあげて下さい。そして、色々な場所を舐めてもらいましょう。もしかしたら、今まで気づかなかった場所が実は性感帯なのかもしれません。自分の性感帯を新しく見つけてもらった場合は思いっきり褒めて下さい。自分の性感帯を知れたのだから。こんなに嬉しい事はありません。お互い気持ちよくなれる場所を見つけあって下さい。

自分の体を触って舐めてもらう事で、自分も気持ちよくなれます。性感帯を触られたり舐められたりする事によって喘ぎ声が出てしまうでしょう。彼女も、『ここが性感帯なんだ』と解ってくれます。

お互いが処女である場合は、まずは少しずつ少しずつ探り合って行きましょう。初めはソフトタッチです。彼女が気持ちよく感じていたら、ちょっと強めに触ってみたり舐めてみたりしましょう。お互いの性感帯を知る事が重要です。

女性器を触ってみよう

女性の秘部、『女性器』を触る時には注意が必要です。体内に手が入るわけですから、手は清潔にしておく事。爪が伸びていたら行為の前までに爪を切っておく事は必須です。これからもずっとお付き合いしていくのですから、傷つけないように慎重に触りましょう。彼女の体を触ったり舐めたりして、喘ぎ声が出た時がチャンスです。そっと秘部を触ってみましょう。もう、グショグショと言っていい程に濡れているはずです。女性は感じると秘部が塗れてしまうのが特徴です。ゆっくりと指を入れながら触ると、もっと喘いでくれるでしょう。秘部の中に小さい豆みたいな物がありますが、これをゆっくり触ってみましょう。この部分は『クリトリス』と言います。快感を得る事でクリトリスは大きくなってきます。クリトリスを中心にゆっくり攻めていきましょう。

彼女が気持ち良くなっていると感じたら、今度は指を動かしてみましょう。彼女の喘ぎ声が大きくなります。そして、もっと濡れてきます。もしかしたら、その時点で潮を吹くかもしれません。潮が吹くという事は彼女は『オーガズムに達した』という事になります。男性と行為をしていた女性でも、この快感は忘れない事でしょう。『同性に攻められている』と思い興奮しているかもしれません。

奥まで触っていく内に女性器の中身を指で感じられます。自分で自慰行為を行うのとは別物です。彼女の大事な部分を触るだけで、自分も興奮していきます。もしかしたら、自分もかなり濡れている事でしょう。

女性器を舐めてみよう

彼女の秘部を触った後は今度は舐めてみるのも良いかもしれません。彼女は色々な場所を触られて舐められて快感を得ています。その時に秘部に舌を這わせてみましょう。彼女の陰部を開いてみるとクリトリスが見えます。クリトリスを中心に舐めていく事で彼女は喘いでしまいます。次第に大きくなっていくクリトリス。それを舌で感じながら舐めていくと彼女の喘ぎ声は最高潮に達するでしょう。もしかしたらここでも潮を吹くかもしれません。彼女の体調と相談しながら行為を楽しんで下さい。

また、お互いの秘部を触りあったり舐め合う事で、より興奮が増すでしょう。お互いが同時にオーガズムに達する可能性が高いです。『彼女も同じ様に自分の物を触ったり舐めてくれてる!』と思って更に興奮していきます。

他にも『貝合わせ』と呼ばれている行為もあります。お互いの秘部同士をこすり合わせる物です。これは、男性との行為では体験出来ない事です。男性の行為では得られない感覚が出てきます。女性同士しか解らない事は沢山あります。性行為は最も『彼女と解り合える』物ではないでしょうか。沢山の快感を得られるように色々研究していって下さい。

大人の玩具を使って遊んでみよう

大人の玩具は沢山あります。自分で自慰行為を行う時に使っても良いのですが、彼女の体に当てて使うと彼女も自分も気持ち良くなれます。彼女が犯されているかの様に観れて、興奮が更に増してくるでしょう。通信販売でも取り寄せ可能ですが、現在ではレズビアン向けのショップも多くありますので、彼女と一緒にお店に入って見学したり購入すると良いでしょう。

電動マッサージ器は略称『電マ』。これは男性との行為でも使う器具です。通常はマッサージ器として販売されていますが、性感帯を刺激するのに調度良い物でしょう。他にもバイブやローターがありますが、レズビアン向けの玩具も多く販売しています。

例えば『ディルド』です。男性の性器にとても良く似た形をしています。バイブと違う点は、電動ではない事です。バイブの様に一定の動きをしないので、自由自在に操れます。彼女が男性に犯されているかの様にも観えますし、彼女の表情がハッキリと解ります。また、お互いが同時に挿入されているかの様になれるディルドもあります。それが『双頭ディルド』という物です。これは電動の物もありますので、電動の物とそうでない物と比較するのも良いかもしれません。

バリタチ』の方にお勧めなのが、『ペニスバンド』です。略して『ペニバン』。これは、腰にディルドを装着させるバンドです。ディルドを固定するので、自分が男性になったつもりで彼女を攻めることが出来ます。タイプは色々あり、ショーツ型の物や実際にディルドが固定されている物もあります。

挿入する時に痛かったりした場合はローションを使って滑らかな動きになるようにしましょう。但し、お互いの体調を考えながら行為を行って下さい。痛い時や調子が思わしくない時は無理をしないで途中で止めて下さいね。

私達のSEX

まず、私が彼女にハグする所から始まります。私は自他共に認める「甘えん坊」なので、彼女をハグしないと安心出来ません。仕事で色々悩んだり、落ち込んだ時には彼女に話を聞いてもらいますが、ハグが一番心が落ち着くんです。

ギュッと私がハグすると、彼女もハグをしてくれます。そして、お互い見つめ合ってフレンチキス。その後はディープキスになり、何回もキキスをした後はお互いの服を脱がし合います。彼女は私を抱きながら、ブラジャーのホックを片手で外します。私は片手で外すことが出来ないので、彼女が外しやすいように後ろ向きになってくれます。それからスタートです。

一通り胸を触ったり舐め合ったりした後は、お互いの胸を擦り合わせます。これが本当に気持ちが良いのです。これだけでオーガズムに達してしまう事もあります。もう私の秘部はグショグショです。彼女は笑顔で私の秘部を触り「今日もこんなに濡れてる」と秘部に触れた手を見せてくれます。私の愛液で指が光っています。そして、彼女はその手を私の口元に持ってきてくれるので、私は彼女の指を舐めまわします。自分の愛液の味がします。しかし、私も負けてはいません。彼女の秘部を触ってしっかり濡れているか確認しようとしますが、彼女はそれを拒否します。中々彼女の秘部を触れません。そうこうしているうちに、私は仰向けになってしまいます。彼女が体位を変えたからです。仰向けになると私の秘部は彼女の前で露わになります。彼女は笑顔で「今日も頂くね」と言い、私の秘部を舐め回します。もう、私の秘部はどうなっていることでしょう。「今日もこんなにお豆が大きくなってる」と言い、クリトリスを中心に攻めてくれます。もう、頭の中がおかしくなってしまい、喘ぎ声が大きくなっていきます。彼女の顔を観ようとするのですが、押さえつけられているので解りません。

舐め終わった彼女の口元は私の愛液で濡れています。そして、彼女は私にキスをしてくれます。しかし、フレンチキスのみ。そして再び舐め回します。舐め回すだけではなく、今度は指を入れて攻めてきます。私の秘部の中で彼女の指が動いているのが解ります。「子宮が降りてきたね」と彼女は言います。そうすると彼女の指の動きは早まります。ついに私の秘部は堪えきれなくなり、潮を吹いてしまいます。「たくさん出たよ。気持ち良い?」と彼女は耳元で囁きます。気持ち良いのは当たり前です。彼女は私の性感帯を知り尽くしているのだから。

今度は彼女は手にバイブを持ち、私の中に差し込みます。私達が持っているバイブは色々な種類がありますが、彼女は私にどのバイブかを教えてくれません。何故かと言うと、私はアイマスクを付けられているのです。アイマスクは必ずバイブを入れる前に付けられます。「今日はどのバイブが入っているのだろう?」と考えただけでも、ジワリと私の秘部は濡れていきます。さっき潮を吹いたばかりなのに。「また、こんなに濡れてる。いやらしいね。」と言って私の秘部を触りながらバイブを差し込みます。「ウイーン」と音を立てながら、私の中のバイブは暴れだします。もう、いつ失神してもおかしくありません。失神しそうになっていると彼女はバイブを抜いてくれます。「気持ち良かったんだね。今日も頑張ったね。」と言い、アイマスクを外してくれます。アイマスクを外すと布団のシーツは私の愛液でビショビショに濡れているのが解ります。「こんなに潮を吹いていたんだ」と思うととても恥ずかしいです。しかし、彼女は私の頭を撫でながら「大丈夫だよ」と笑顔で言ってくれます。

いつもはここで終わるのですが、先日私達はアダルトグッズ専門店に行き、『双頭ディルド』と『ペニバン』を購入してきました。ペニバンはディルドが初めから付いている物です。私は彼女が喘いでいる姿を観たかったので、寝込みを襲う事を考えていました。しかし、私の考えは甘かったです。彼女がペニバンを付けて、私のお風呂あがりを待っていたのです。彼女がSM嬢の様に待ち構えています。そして、ディルドにローションが塗られていました。私を気遣ってローションを付けてくれたみたいですが、彼女の姿を見た瞬間、私の秘部が濡れていくのが解りました。そして、そのまま浴室でSEX。彼女が動く度に私の中のディルドが色々な部分を刺激します。太ももに私の愛液が流れているのが解りました。いつもとは違うシチュエーションでいつもより感じてしまいました。近隣に私の喘ぎ声が聞こえているのではないかと思ってしまった程です。

まだ、双頭ディルドを使ったSEXはしていません。彼女が私ばかり攻めるからです。SEXの回数を重ねるごとに「彼女はバリタチなのかな?」と最近思うようになりました。

レズビアンの危険な2つの恋愛パターン

最近彼女とうまくいっていない……と悩んでいるレズビアンの女性は多いのではないでしょうか?

恋愛に悩みはつきものですよね。しかし、レズビアンの恋愛にはエスカレートするとお互い破滅的になってしまうほど、危険な2つのパターンがあるのです。

1.依存タイプ

レズビアンの世界では依存タイプの女性が多いといわれています。このタイプは根本的に「恋人に必要とされたい」と思っています。

なぜなら、恋人に必要とされた時に、生きている価値を感じて精神が安定するからです。

恋人に必要とされる →生きている価値を感じる →幸せ→精神安定
恋人に必要とされない→生きている価値を感じない→不幸→精神不安定

といった思考回路がインプットされているのです。

代表的な依存タイプに「恋人に尽くしすぎる女性」があげられます。恋人に必要とされていないと精神的に不安定になってしまうので、尽くしすぎてしまうのです。

このタイプの女性は、付き合い始めたばかりの頃は、人なつっこく甘えてくるので、「可愛いなぁ」「愛されているなぁ」と感じるものです。

しかし、だんだんエスカレートしてくると、

  • 四六時中一緒にいたがる
  • 先約があっても、恋人と予定があればキャンセルをする
  • 恋人に対して異常な嫉妬をする
  • メールや着信歴が異常に多い
  • 「わたしのこと愛してる?」としつこく聞いてくる
  • 恋人のスケジュールを全て把握したがる

など、周りが見えなくなり、束縛が激しくなります。

依存タイプの女性と付き合う場合は「安心させてあげる」のがポイント。具体的には「彼女を100%受け入れる」心構えが必要でしょう。

このタイプの女性は、「愛された経験が少ない人」が多いのです。「捨てられてしまうかもしれない」という不安で、いつも怯えているのです。

そんな彼女を毛嫌いしたり、冷たく当たるのでは、彼女は余計に混乱して、依存はエスカレート。あなたを困らせるような行動に出るでしょう。

そうではなく、「何もしなくても、そのままで十分幸せなんだよ」ということを伝えて、彼女を安心させてあげるのです。

2.自己中タイプ

恋人をアクセサリー感覚で選ぶタイプです。

中身より外見重視で、「一緒に歩いて恥ずかしくない人」「友人に自慢できる人」といった基準で恋人を選ぶので、

  • 美人、かわいい
  • お洒落
  • 髪がキレイ
  • スタイルがいい
  • 職業がかっこいい
  • 肩書き
  • 高収入

など、外見の美しい女性や、社会的地位のある女性を好む傾向にあります。

しかし、このような女性は「自分に自信がないタイプ」が多いのです。「完璧な女性」と一緒にいることで、自分も完璧になったような気持ちに浸りたいのです。

あなたの彼女がこのタイプなら、彼女の内面をたっぷり褒めてあげてください。そして、愛しているということを「言葉」や「スキンシップ」でしっかり伝えてあげて下さい。

「愛されている」と実感することで、彼女は自分に自信を持ち始めるのです。
そして2人の関係がより深いものになるでしょう。

レズビアンのセックステクニック

相手が感じるキスの方法

キス」はセックステクニックの中で最も重要です。

なぜならキスで相手を「感じさせ」「エッチな感情を高ぶらせること」ができれば、相手の感度は高まり、その先にあるセックスは心もカラダも満たされる素晴らしいものになるからです。

ではレズビアンのキスを3ステップでご紹介します。

ステップ1 ソフトなキスを繰り返す

「唇を触れさせる」ような、いわゆるソフトなキスを繰り返します。

ここで注意するのは、いきなりディープキスをしないこと。ソフトキスの目的は「相手をエッチな気持ちにさせること」です。

ソフトキスを繰り返すことで、「時間をかけながら徐々にエッチな感情を高ぶらせる」のです。
相手がハードキスを求めてくれば「感じている証拠」なので大成功ですね。

ステップ2 舌を使ったハードキス

舌を相手の口の中に入れて絡ませたり、相手の舌を吸ったり、舌先を尖らせたり、相手の唇を舐める、噛むなどバリエーションを多く持つのがポイントです。

ステップ3 ソフトキスとハードキスを繰り返す

「ハードキスの次は愛撫」と思っていませんか?
ソフトキス→ハードキス→愛撫では展開が早すぎます。
もう一度ソフトキスに戻します。
そして、ハードキスとソフトキスを繰り返しながら、だんだんと頭や顏を撫でて顏全体を優しく触って下さい。このようにして愛撫に移行していくのが重要です。

エクスタシーを感じる愛撫の方法

レズビアンのセックスを一度経験すると虜になる女性が多いです。

なぜだと思いますか?

それは同じ女性なので「どこ」を「どうされると気持ちいいのか」がわかっており、

「女性にしかわからない性感帯」を「絶妙なタイミング」に「理想の触り方」で刺激されるので、エクスタシーを感じやすいのです。

愛撫で心がけてほしいのは「じらすこと」。いきなり乳房や性器などを愛撫しないでください。
はじめは、首や肩、腕、手などからはじめ、徐々に服を脱がしていくことが大切です。

ではいつになったら乳房や性器を愛撫してもいいのか?

それは、相手から「おねだり」されるのを待つのです。

愛撫を始めて興奮してくると、自然と乳房や性器を触ってほしく思うようになります。それでも触らないでじらしていると、我慢に耐えられずに「触ってほしい」と求めてきます。

そうしたら、舐めたり触れたりしてたっぷり愛撫してあげましょう。

愛撫は力の入れ具合で感度が大きく変わってくるので、相手の反応を見て「強弱」をつける事がポイントです。

また、両手、舌を使って同時に複数の性感帯を刺激してあげるとさらに相手の女性満足度は高くなります。

SNS? それとも出会い系? レズビアンのパートナー探しはどっちがいいの?

女性が好きな女性にとって、出会いの場というものは残念ながら限られています。身近な生活で信頼できるパートナーと出会えないという悩みを持つ女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ネットから始めるレズビアン出会い

そんな方にオススメなのはネットから始める交流です。ネットなら個人的な情報を最初に開示する必要がないので、試しに探してみるということも簡単にできます。

SNSが普及した現在は、同じレズビアンの人の集まるコミュニティやサークルに参加するのも一つの手です。

また、他にも出会い系サイトを利用するのも一つの方法かと思います。

SNSは多人数交流、出会い系サイトは1対1の交流の場

基本的にSNSでの交流は多人数での交流となります。

そのため、いきなり恋愛感情を前面に出すというのではなく、友達感覚から始めてみようという人が多いのが特徴です。単純にパートナーを探すためだけに利用するのではなく、話を聞いてもらうために利用することができます。例えば、パートナーがいる相手にレズビアンであることの悩み相談をしたり、レズビアン同士の飲み会などにも参加するチャンスがあるかもしれません。

不特定多数の人と交流することで、自分の考えてもいなかった相手と巡り合える可能性が高いのがSNSの最大のメリットです。

しかし、他の二人の間に割って入ったりする行為は当然NGです。多くの人と交流するため、意図せずにトラブルに巻き込まれる可能性があることも頭の中に入れておきましょう。

出会い系サイトを利用したレズビアン出会い

一方、出会い系サイトを利用する場合は勝手が変わってきます。基本的に、出会い系サイトを利用する人は明言していない限り女性同士のセックスを最大の目的とする人が多いのが特徴です。人によっては、出会う条件がお互いの体を試してみることだと考える人もいます。

もちろん、そんなガツガツした出会いではなく、恋愛を目的としていることをプロフィールやメールに書いておくと、不本意なトラブルに巻き込まれる可能性も下がるでしょう。

ただし、話が合いそうな相手と出会った時にこっそりと他の人とも交流を持つということにはあまり向いていません。

基本的に出会い系を利用する場合は、関係が終わるまでは1対1の関係を貫くことが、結果的にパートナーと出会うための早道に繋がります。

レズビアンの人がパートナーと出会うための2つの方法を紹介させていただきました。大雑把に言うと、友達を見つけたいならSNSが、恋人を見つけたいなら出会い系サイトがオススメですので、参考にしていただければと思います。

同性愛者だからこそ注意したい、出会い系サイトでの注意点

同性愛は最近では徐々にその存在が広まりつつあるものの、決して多数派にはなれない存在です。

そのため、同性愛をしたいとは思っても、「やっぱり男性を愛さなくてはいけないのかな……」とか、「同じ女性が好きな自分っておかしいのかな?」とお悩みの方も多いかと思います。

そんな方にとって、女性の同性愛者もいる出会い系サイトという存在は本当に貴重な存在になってくれるはずです。

しかし残念なことに、そんな女性の感情を逆手に取る、悪戯目的の成りすまし同性愛者が紛れ込んでいることもあります。

もし、そんな人に騙されたらショックですよね。せっかく自分の好きなものを認めてもらえると思った同性愛者にそのような仕打ちをする相手は断じて許されるものではありません。

そんな人に騙されないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? 今回は同性愛者だからこそ注意したい、出会い系サイトでの2つの注意点をご紹介したいと思います。

1.いきなりやたらと専門用語を使ってくる

初メールだというのに、過剰とも思えるほど自己アピールをしたり、同性愛者ならではの専門用語を使ってくるような相手は要注意です。

会ったこともない相手だから自分を知ってもらうために同性愛者であることをアピールしているのかもしれませんが、たとえ同じ同性愛者とはいえ、男性とメールをするように最初はマナーをわきまえてメールをするのが出会い系サイトのマナーです。

もし、相手が本当に同性愛者でも、会ってもいないのに相手や自分の立場を決める相手は自己中心的であまり長続きしない可能性が高いと言えます。

2.自分の住んでいる地域にすごく近いことをアピールしてくる

意外な落とし穴なのですが、「あなたの住んでいる地域と近いからメールしてみました!」というケースにも注意が必要です。

特に、「駅周りにはこういった施設がある」「○○の店の料理は美味しいよね」なんていうことを文面に書かれたら、親近感が湧いてしまいますよね。

けれど、今の世の中どこに何の施設があるかなんていうのは調べたらすくに分かります。それに、レストランのメニューもネットで調べたら簡単に調べられますし、味が不味い店を探すというのが逆に難しいと思います。

そういったご当地情報をしてくる相手には、簡単に信用する前に、その地域に住んでいなければ知らない情報を出したりカマをかけてみるといいでしょう。

特に、ネットで調べても出てこない・簡単には調べられない情報がベターです。

「デートをしよう」とは誘わない

女性同士のお付き合いでも「デートをしよう」というと身構えてしまいます。

だから、もっと同意を得やすい誘い方をしてください。

  • 「今度の日曜日に○○に用事があるんだけど、□□ちゃんの家、近かったよね? 晩御飯でも食べない?」
  • 「飲食関係のコンサルをしているんだけど、仕事で○○にゴハンを食べに行かなきゃいけないんだ。どうせ経費だし、よかったら□□ちゃんも一緒にどう?」
  • 「仕事で○○っていうショップに行きたいんだけど、□□ちゃんも好きだったよね。よかったら一緒に行ってもらえないかな」

というように、なにかのついでに誘ってあげると、同意を得やすいのです。

なぜなら、「デート」という言葉の裏には、「今後の関係もセットで」という意味が隠れているんです。

しかし、ついでに食事には、その後の関係に関するプレッシャーがありませんね。

もちろん、誘う側のこちらとしては、デートだろうとついでだろうとまったく同じことなんだからそれでいいんですね。

相手のほうからしたら、その景色はまったく違って見えます

行動が同じだとしたら、同意を得られやすい誘い方をしたほうが有利に決まっています。こういうちいさな言葉の違いが勝敗をわけるものなのです。

また、「デートに行こう」は断られると、次に誘いづらくなってしまうものですが、こういうついでの話なら、今度またついでの話があったということにして、何度でも誘うことができます。

デートを何度も誘ってくるのはウザいかもしれませんが、何度かついでに誘うと、スマートに感じませんか?