同性愛(女性)の相手探し

女性の同性愛者の場合、どうしても相手を探すのが男性より難しくなります。男性は、いわゆるハッテンバだとか、ゲイバーがあるので、そこに行けば相手が見つかるといいます。

ただ、女性の場合、レズビアンバーなども数がまだまだ少なくオフ会といっても頻度もそれほど多くありません。特に地方になると、相手探しはもっぱらインターネットの出会い系になります。

しかし、ネカマの人がいるんですよね。本当は男性なのに、女性のふりをして書き込みをしていたり、また女性ではあるけど、同性愛者ではなく、からかう為に書き込みをしていたりする人がいます。

そして、どうにか同じ同性愛者に人に出会えても、そこから恋愛に発展するかどうかはまた別なんですよね。

というのが、男性役のタチ、女性役のネコ、どちらもいけるリバとセクシャリティ、いわば性の嗜好が違うんですよね。

だから出会っても、まずセクシャリティは?という所から始まります。そこでうまく合えばいいんですけどね。

こんな感じで、女性の同性愛者の相手探しはなかなか大変です。

バイセクシャルやレズビアン、同性愛者はなかなかカミングアウトしずらいんですよね……。告白なんかしたら変な子だって思われちゃうし、友達にそんなことを言ったら友達じゃなくなっちゃうかもしれない……。

わたしもずっとそのことで悩んでいました。男性のように、同性愛者が集まる場所に行って出会いを探すというわけにもいかないし。

でも、同性愛者専用の出会い系サイトを利用するようになって、そういう悩みがぜんぶ解決しました。今は、恋愛は恋愛、友達は友達って、完全に分けて考えることができるようになりました。どうして最初から、出会い系サイトを使わなかったんだろう? って不思議に思っています♪

本当の自分をさらけだせる人ができたとき、はじめて「なんて人生って楽しいんだろう」って思いました。

おすすめレズビアン向け出会い系サイト

imagesおすすめ出会い系サイトを紹介します。基本的には大手出会い系サイトのほとんどは女の子同士の出会いに対応しています。

男の子同士の出会いに関しては「ゲイ出会い情報サイト「ゲイ集まれ!」」をごらんください。

大手の出会い系サイトは、女性であればすべてのサービスが完全無料で使えるのです。

基本的に、出会い系サイトは、女性を無料にして男性から料金をとることで運営しているので、ビアン同士であるなら、双方が完全無料で利用できるというわけです。

ハッピーメールおすすめレズビアン向け出会い系サイト

ビアン向け掲示板が用意されています。実は、ビアン希望者が日本一多い出会い系サイトなのです。日本最大手だから安心できますしね。

「大人の掲示板」のなかに「同性愛」掲示板が用意されているので、そちらを利用してください。

ワクワクメールおすすめレズビアン向け出会い系サイト

女の子同士の出会いが用意されているって知らない人も多いみたいだけど、とってもたくさん同性愛希望の女の子がいますよ。

アダルト掲示板で「レズ」掲示板を選んでください。

PCMAXおすすめレズビアン向け出会い系サイト

セクマイ専用の掲示板があり、女の子同士の出会いが楽しめるようになりました。

掲示板検索ページで「アダルト」をクリック→「マイノリティー」にチェックをして検索するとビアン出会い希望の女性がたくさんいることがわかります。

私は同性愛者で、女の子が恋愛の対象になります

私は女性ですが、私の恋愛対象は女の子です。
つまり、同性愛ということになります。
私が初恋をした相手も、女の子です。
初恋の女の子は、とてもかっこよくて優しくて、本当に結婚したいくらい好きでした。
告白もしましたが、フラれてしまいました。
日本では、同性愛の結婚は認められていませんよね。
しかし私は、同性の結婚もありだと思っています。
私は、女の子が好きで女の子と結婚したいです。
今、私は新しい恋をしています。
その子も女の子です。
ネットで知り合った、遠距離な関係ですが、その子からメールをもらえるだけで元気になれます。
女の子同士の恋愛って難しいと思います。
どうしても相手からは親友以上には見られないのです。
女の子の最高の関係って、恋人じゃなくて親友止まりになってしまうんですよね。
女の子は友情や絆という、友という関係が一番強いと思うので、恋愛に発展しにくいんです。
私は、それでも女の子に恋をし続けます。
いつか法律で、女性同士の結婚が認められる日が来ると良いなと思っています。

同姓同士の恋愛、最近では随分と認められてきたのではないでしょうか。けれど、まだまだ白い目で見られることも多くあります。特に地方の方では若い人たちの感覚は浸透していませんので、露骨に差別を受けることも少なくありません。

ですが、何が一番大切かというと、人として誠実に生きるということではないでしょうか。それさえ自信を持っていれば、他の誰に何を言われようと、愛するもの同士支えあい前を向いていければそれが一番です。

実際には普通の恋愛や結婚とは違い、困難がたくさんあるのも事実です。結婚をする為にはどちらかが性転換手術を受け、戸籍を男性に変更しなければなりません。そうすることによって法律上やっと夫婦として認められます。ですが、手術をする費用や体にかかる負担を考えると、酷な話です。

経済的な面でお互いに自立をしていれば、二人で生きていくことになんら問題はありません。ですので、しっかりと将来設計を立てて、お互いに自立をして支えあっていける未来の見通しを立てておく。現実的にはそれが一番大切なことなのではないでしょうか。