レズ専用出会い系サイトより、男性もいる出会い系サイトのほうが出会える4つの理由

ビアン同志の出会いの場が少なく、出会いはもちろんコミュニケーションも取りにくいのも今は昔。今では、ビアンが女性と出会うためのツールとして、出会い系サイトを活用できるまでになっています。

とは言え、調べてみると「レズ専用出会い系サイト」も数多くあったのですが、実際には男性もいる大手出会い系サイトの方がビアンの利用者も多いという点。

なぜ、わざわざ男性も登録する出会い系サイトからビアンとの出会いを求めるのでしょうか?

実は、大手出会い系サイトなら、より出会える可能性を高めてくれる4つの理由があったのです。

レズ専用出会い系サイトと一般的な出会い系サイトとの違い

いわゆる「レズ専用出会い系サイト」と一般的な「出会い系サイト」の大きな違いは登録者。

レズ専用ではビアンやタチなどタイプは違うものの、全員女性。

一方の出会い系サイトでは、ビアン女性はもちろんノーマルの男性や女性、ホモ、バイなど幅広い人が利用可能。

もちろん専用の掲示板やコミュニティが用意されているので、スムーズなやり取りが可能です。

どちらの出会い系サイトも本人確認登録が必須ですが、運営側での管理になるため万が一のトラブルも安心できますし当然、他のユーザーに個人情報が公開されることはありません。

ただし、出会い系サイトに似ている「コミュニティサイト」の場合。

個人で運営しているサイトも多く掲示板でのやりとりだけなど、ほぼ丸投げな状態……。

敷居が低い分、トラブルも自己責任で終わってしまうことがあるため、出会い系サイトとの違いに注意です。

では、レズ専用出会い系サイトよりも大手出会い系サイトの方が良い理由を覗いてみましょう。

理由1:ビアン初心者でも登録しやすい

「レズ専用」というのにハードルを感じてしまうビアン初心者の人は、やはり男女参加型の出会い系サイトに流れがち。

また「実は私、女の子に興味があるんだけど…。」というレズ未満な女性も、レズ専用出会い系サイトは登録しません。

コアでハードなイメージを抱いてしまう心配症の女性は、まず出会い系サイトのレズカテゴリから。そのため、ビアン探しをする女性も男女参加型の出会い系サイトに登録をした方が、よりチャンスが広がります。
特に、教えてあげたいお姉さまタイプのビアンさんには見逃せませんね。

理由2:トラブルや注意点など調べやすい

サイトの利用方法やツールの使い方、ゲームの遊び方など困ったトラブルを調べる時にも、やはりサイトで情報が多いのは大手の出会い系サイトになっています。

そして「サクラが多い」「出会った後にこんなトラブルが…」といった体験談や対処法の情報量も多い!

特にデリケートな内容のビアンネタは調べても情報が少なかったり、サイトの説明が物足りないことも。

大手出会い系サイトなら調べてすぐに問題解決できることが多いので、経験豊富なビアン女性があえてレズ専用ではなく一般的な大手出会い系サイトに登録することは多いです。

理由3:出会った女性との距離感が縮まりやすい

ノーマルやホモ、レズ、バイ…色々なタイプの人が参加する出会い系サイトなら、やはりビアン同志のキズナも熱い!

意気投合したやり取りで一気に距離感が縮まり、すぐにアポの話やエロテク話などで盛り上がりやすい特徴があります。

レズ専用掲示板では同じ目的の女性ばかりだからこそ、ワンクッションある出会い系サイトの方が”運命の出会い感”が高まって、より深い仲になりやすいのかもしれませんね。

理由4:開放感があってオープンになれる

意外に多いのが、レズ専用出会い系だと、緊張をしたり自分のキャラを気にしすぎて気疲れしやすい事。

  • 「思ったよりも要求が高かったらどうしよう。」
  • 「雰囲気が違うけど言い出しにくい感じかも。」
  • 「自分とは違うビアン女性も多そう…。」

一見、念願のビアン専用!といったイメージですが、いきなり自分をさらけ出してアピールするのが難しいのです。

かたや、男性参加型の出会い系サイトなら、クロスジェンダーやホモ、バイ、レズ、ノーマルと幅広いタイプの人がいます。

そのため「あ、あまり気にせずにオープンにいけば良いのね。」と感じ、より開放感を抱きやすくなります。

まとめ:相手との目線を合わせた出会い系サイト選びが良し!

特に、今回紹介したレズ専用出会い系サイトより、男性もいる出会い系サイトが良い4つの理由は、ビアン初心者からベテラン上級者まで、それぞれ当てはまる部分は違うかもしれません。

中には「私はどれも当てはまらないから、レズ専用で良いかも。」と思う女性もいることでしょう。ただし、ここで注目しておきたいのは”相手との目線”を気にしてあげるという点です。

もし幅広いビアンとの出会いや、本格的なビアン女性を狙うなら、やはりより利用者の多い出会い系サイトを活用するのが大切。やはり敷居が低く人気も高い大手出会い系サイトが、ビアンとの出会い選びにも有効と言えるでしょう。

気になるあの人とデートしてみよう!

出会い系サイトで知り合った人ってみんないきなりセックスを求めてくるんじゃないの?

それは大きな誤解です! 特に、同性愛者の人たちは同じ悩みを抱えている者同士ですので、段階を踏んだお付き合いを望んでくれる方が多いです。

メールだけで会話をするのもいいですが、より仲が良くなる・相手のことを知るためには、やっぱり実際に会ってみることも大切です。

会うといっても、一緒に買い物に行く、遊園地に行くなど、女友達と同じように一緒に遊ぶだけでも歓迎されます。メールだけでは伝わらない相手の一面や、こちらのことを知ってもらえるいい機会ですので、女性との初めてのデートのちょっとしたポイントについて解説したいと思います。

第一印象は大切ですので、相手に女性らしく見てほしいのか、少し男性的な面を見てほしいのかでファッションを大きく変えてみると面白いかもしれません。出会い系サイトを通して会うメリットは、互いの本名を知ることなく会えることです。つまり、「新たな自分を演じる」チャンスがそこにあります。

せっかく出会い系サイトを通して、普段とは違った自分を見てもらえるチャンスなのに、いつもの感じのファッションだといまいち気分にも張りが出ません。思い切ったイメチェンは、あなた自身を変える絶好の機会だと言えます。

ただし、見栄を張る必要はありません。見栄を張れば、一回二回程度なら誤魔化せますが、会う回数を重ねていくうちにそのうち綻びがでてしまいます。デートの場所もホテルでランチではなく、スタバでお茶を飲むぐらいでも全然構いません。

男女なら少し目立ちますが、女性同士なら周りの人からも怪しんで見られることもありません。

もし、デート中に手を繋ぐなどスキンシップを求められたら、自分が許容できる範囲なら拒否しない方が無難です。キスからは一気にハードルが高くなりますので、ダメな時はやんわりと「今はダメ」とNOを言う勇気も必要です。

逆に、こちらからスキンシップをしてみたいなという時も、ちゃんと段階を踏んでからにすることをお忘れなく!

初めて同じレズビアンの人と会うときは緊張するかもしれませんが、同じ人間同士なのであまり心配する必要はありません。女性好きだからといって、いきなり襲われる心配もありませんし、むしろデリケートに扱ってくれますので、チャンスがあれば是非相手を誘ってデートをしてみてはいかがでしょうか!?

「私、女の人が好きなのかもしれない……」と思い始めた女性へ

成人してから特に、街でつい追いかけるのは男性でなく女性の方が多くなった。テレビに映る男性を見てもあまりドキドキしたりときめいたりすることがなくなった。もしかして、私恋心枯れてる? なんていう方はいませんか?

そんな人は、もしかしたら女性同性愛者、レズビアンになりかけているのかもしれません。同性愛者になるのは何も先天的なものだけではなく、生活環境やきっかけさえあれば変わっていくこともあるので、自分の変わりつつある気持ちに抗うのではなく、今はただ女性からの愛を受けたいという気持ちに正直になるべきです。

付き合っていた男性から冷たい仕打ちを受け、その時に同じ女性からの優しさに触れて女性に興味を持ち始める女性も少なくありません。あんまり女の人のことばかり考えたらいけないのに、ずっと考えてしまうことを恐れる必要はありません。一時的にそうしたレズビアンに傾いても、時が経てばまた男性を愛することができる気持ちが戻ってくることがあります。

一生私ってこんななの? という悩みは捨てて下さい。

レズビアンになっていった時と同じように、自然とまた男性を愛せる自分に戻れる日が来るまでじっと待つ、ありのままの自分を受け入れることが大切です。

そして、同じように女性好きな女性がいることを思い出して下さい。

同じレズビアンというカテゴリーに当てはまる人でも、あなたと恋愛観が同じ人もいれば異なる人も当然います。

オーラルセックスは許せるのか、キスはOK? 手を繋ぐまでならいいよね。携帯の待ち受けにいつもあの人とのツーショットを載せておきたいな。

人によってどこまで許せて、どこまで許せないのか、そこには必ず個人差が生まれます。

その境界線が合いそうな人と付き合う・もしくは同じ悩みを打ち明けられるちょっとディープな友達のままでいい。そんな相手を一人見つけるだけでいいのです。同じレズビアンの女性全員に好かれる必要はないのです。

出会い系サイトに登録してそういう人を見つけたい場合は、自分のことをしっかりと知ってもらうこと、境界線を示すことを忘れないで下さい。不特定多数の人が見ている場所ですが、実名や詳細な住所などパーソナルな情報を晒さなければ意外に近くにいる人でも分からないものです。

会えなくても、話し相手になってくれるだけでもいい。そういう人も、ちゃんと出会い系サイトにはいます。当然ながら運や巡り合わせはありますので、根気よく待つ気持ちが出会いを求めることに最も大事だと言えます。

マンネリになってしまった上級ビアンが出会い系をいっそう楽しむ3つの方法

出会い系でビアン生活をエンジョイしている人は注目!

よりディープな世界を堪能するため、出会い系でもう一歩踏み込んだ遊び方をしてみませんか?

今回は上級ビアンの人に向けて、出会い系で新しい世界を楽しむコツを3つご紹介します。

1.ネコやタチを逆転させて見る

リバの人はネコやタチを上手に使い分けていますが、ガチネコやガチタチの人も含めていつもとは逆のタイプで女性とデートしてみませんか?

リバの人ならガチ、ネコの人ならタチ、タチの人ならネコ……といった感じです。

これはSMプレイにも同じことがいえますが、相手の立場になりきることで、

  • 自分が今後、取り入れたい言葉や行動
  • 相手がどうされたら喜ぶのか

というのが見えてきます。

「ガチだと思ってたけど、リバなのかも……」「意外にネコも気持ち良い」なんて発見があったり。もちろん出会い系だからこそ、今までの自分を知らない相手なので、思いっきり楽しむことができます。

「普段はこういうキャラじゃないから……」と隠していた女性は、特におすすめです。

2.ビアンちゃんの初心者指導をしてみる

出会い系だからこそ、意外に多いのがビアン初心者の女性たち。

「女性に興味があるけど、どうしたらいいかわからない」
「今までは男性としか付き合ったことがない」

そんな完全な素人ちゃんを手とり足取り教えてあげられるのも大きな楽しみ方のひとつ。

時には当たり前の言葉も「どういう意味ですか?」なんて聞かれてしまい、ちょっぴりペースが崩れるかもしれませんが、そんな時こそ先輩ビアンの腕の見せどころ!

女性だからこそ楽しめる快楽を、優しく丁寧に教えてあげましょう。

特に、彼女とマンネリぎみなビアンの人におすすめな遊び方です。

3.ビアン同志の複数プレイを楽しむ

ガッツリ、ディープなビアンの世界を楽しむなら複数プレイもおすすめ。出会い系では、すでにあなた以外のビアン上級者もたくさん存在しています。

現在では有名ラブホテルで女性・男性の複数利用が数多く認められており2つ3つとベッドが用意されている専用ルームもあるくらいです。

複数プレイをする際には、はじめのうちはトラブル防止のためパートナーとペアでの参加がおすすめ。

慣れてきたら3人4人と数を増やしていくのも良いでしょう。

また、カップルでは当たり前かもしれませんが、プレイグッズは新品を用意。

余計な不安や心配を抱かせないように、気をつけましょう。

上級ビアンが出会い系で遊びつくすコツまとめ

出会い系サイトは、色々なタイプのビアン女性だけでなく、初心者から上級者まで存在しているのが魅力的。

せっかくなので、もっと深い女性同士の楽しみ方を見つけるのもおすすめですよ?!

ビアンに吹き出した追い風がネットを変える前に

2015年11月。東京23区である渋谷区と世田谷区は、同性カップルに「パートナーシップ証明書」の発行を開始しました。

証明書受領の第1号は、2013年にすでに挙式を済ませている女優の東小雪さんと増原裕子さん。東さんは元宝ジェンヌですね。

証明書に法的な拘束力は無いものの、この証明書を持つカップルには、法的に結婚している夫婦と同等に扱うよう、区は事業者に求めて行くそうです。

これに対応して、ドコモやKDDIは証明書を持つ同性カップルに家族割引の適用を公表しました。

先進国の例から見ますと、日本のこうした面での対応はまだまだ遅れていますが、このような取り組みが始まったことの持つ意味は決して少なくありません。

今までは議論すら許されない風潮にあった=社会的に存在しないものとされていた同性カップルが、公の場に姿を現すことになったからです。

街にレズビアンが増え始めました

小難しい法的なお話はさておき、実際に街の中で仲良く手をつないで歩く同性カップル、とりわけビアンを目にする機会が確実に増えました。

日本の中でも影響力を持つ、東京23区の自治体の中から、同性カップルを社会的に容認する動きが見られるようになったことと、無関係ではないと思います。

これからはビアンも、東さんたちのように挙式を上げて祝福されるのが、当たり前の時代になる予感がします。

とはいえ、長いこと日本ではタブー視されてきたカップルであるため、その取り扱われ方には、いささか偏りがあったのも事実ですね。

現実の同性カップルとは別に、ビアンを好んで取り上げてきたのがアダルトビデオであることは、その一端を窺わせます。

男性目線で作られた、「ネコとタチ」をビアンが見ても、あまり参考になりません。

ビアンに関する有益な情報はネット上にもまだ、それほど出回っているわけではありません。

普通の出会い系サイトでビアンパートナーを探す

そうした事情から、ビアンに憧れを持ち、ビアンに欲望を抱いていても、現実にビアンと知り合う機会が無いまま、悶々としているビアンも決して少なくありません。

街で楽しげに手をつないで歩く同性カップルの姿を目の当たりにすればするほど、フラストレーションも高まりますね。

そこでお勧めしたいのが、異性カップル向けの大手出会い系サイトなのです。

異性カップルに興味の無いビアンにとって、出会い系サイトは無用なものに思われるかも知れませんが、意外に異性に興味の無いビアンが潜んでいます。

集まる理由のひとつに、大手出会い系サイトは異性カップルを前提とするため、料金等で女性は優遇されていることが挙げられます。

それで金銭にシビアなビアンが集まるようですが、なにはともあれ相手が最初からビアンだと分かれば、先に挙げたためらいを持つ必要もありません。

また、ビアンに追い風が吹き出しながら、簡単にビアンと知り合えない現状は、今後急速にビアンのための出会い系サイトを肥大化させて行く可能性があります。

そうなると現在の異性カップルのための出会い系サイトが抱えている問題点、例えば業者であるとか援助といった問題が、ビアンサイトにも押し寄せて来ると思われますが、まだその害に侵されていない現在の出会い系サイト内にある同性カップルのための掲示板は、ビアンにとって貴重な出会いの場を提供してくれます。

モテるレズビアンが無意識に使いこなしている3つの恋愛テクニック

「レズビアンを振り向かせるには、どうしたらいいんだろう……」と悩んでいませんか?

世の中には、『異性を落とすテクニック』は溢れていますが、『レズビアンの恋愛テクニック』は、少ないのが現状。

あなたなりに一生懸命考えて、

  • 外見を徹底的に磨く
  • スケスケのセクシーな下着を身に付ける
  • 彼女の好きな料理をマスターする

など、努力してきた人も多いのではないでしょうか。

もちろん、どれも効果があります。

ただし、これらをせず、お金や時間をかけなくても、『ありのままのあなた』で、レズビアンを落とすことが可能ということを、まずは認識してください。

そして、モテるレズビアンの99%はこのテクニックを無意識に使いこなしているということも覚えておきましょう。

そこで今回は、その恋愛テクニックを3ステップでご紹介します。

モテるレズビアンが無意識に使いこなしている3つの恋愛テクニック

ステップ 1 悩みを聞いてあげる

レズビアンの女性を落とすには、何をしたらいいと思いますか?

答えは、『相手の心を開かせること』。これが一番の近道なんです。

では、どうすれば、心を開いてくれるのでしょうか?

方法は簡単で、

『女性の悩みを親身に聞いてあげる』

たった、これだけなんです。

方法は、メールでも、実際会ったときでも、いつでも構いません。

  • 不安に思っていること
  • 悩んでいること
  • ストレスに感じていること

などを聞き出し、真剣に話を聞いてあげて下さい。

同じ女性なのでわかると思いますが、女性は、話を聞いてもらうだけで、スッキリします。

なので、レズビアンの女性が話しているときは、批判やアドバイスは絶対しないでください。上から目線も厳禁です。あくまでも聞くことに徹底することが何より重要です。

ステップ 2 褒める

次は、「〇〇ちゃん、大変だけど、頑張っていて偉いよ」といった具合に、たっぷり褒めてあげて下さい。人は話しを否定せずに聞いてもらった後、褒めてもらうと、

『この人は、自分をわかってくれる』とか、『この人は、自分を認めてくれる』

と思い、あなたのことを【自分の味方】と認識しだします。

その結果、あなたに対する警戒心がなくなり、次第に心を開き始めるのです。

ここまでくれば、彼女にとってあなたは、ただの知り合いや友人ではなく、特別な存在

「あなたともっと一緒にいたい……」と恋心を抱き、より親密な関係を望むようになります

ステップ 3 相手に相談する

さらに、レズビアンの女性を惹きつけるには、『あなたも相手に相談すること』が必要です。

相談内容は、仕事の話や友人関係の話など、何でも構いません。

なぜ、こんなことをするのかというと、人間は、

『人にしてもらったら、同じことを人にしてあげたくなる』

という心理があるからです。

つまり、相談を聞いてもらったレズビアンの女性は、同じように相談に乗ってあげたくなる、ということ。

このように、職場の人など、上辺だけの人にはいえないような相談を「お互い」 がすることで、一気に距離が縮まり、恋愛関係に発展していくんです。

初心者レズビアンが出会い系を利用するとき3つの注意点

  • 「今まで男性と付き合ってきたけど、なんか違和感」
  • 「誰にも言ってないけど、実は女の子に興味がある……」
  • 「AVを見てレズだと確信したけど一歩が踏み出せない」

まだはっきりと確信はないけれど、もっと深く女性と仲良くなりたいと考えている女性は少なくありません。

そんな、初心者レズビアンの人がアクションを起こすなら、出会い系サイトを活用するのが便利。女性の扱いになれた先輩ビアンが多いので、優しくリードしてもらうことができます。

そこで気をつけたい、初心者レズビアンのありがちな間違いをまとめました。

レズビアンというのをプロフィールにしっかり記載しよう

今まで一人で悩んでいたからこそ「女の子が女の子に興味があるって、変だよね?」と、どこか恥ずかしい想いを抱いていませんか?

レズビアンやゲイ、ホモといった同性愛者は多く、クロスジェンダーなんて言葉も一般的になっています。

出会い系では異性の出会いを狙っている男女も多いので、しっかりとレズビアンであるというプロフ記載をしましょう。

ネコやリバ、タチといった言葉も添えれば、より相性の良い女性と効率良く出会う可能性が増えます。

ビアンレベルを隠さないようにしよう

「私、タチだから聞きにくい…」「経験ないって言ったらバカにされそう…」

このような、初心者ビアンにありがちな思い込みも、結果的に相手を不快にさせる危険性があります。

タチでもネコでも、初心者なら知らないことや未経験なことはたくさん!

先輩ビアンにとっては、もちろんテンポよく話を進めたいと思うものの、「こんなはずじゃなかった!レズビアンって怖い!」と思われるのは、一番悲しいことです。

相手も「だったら、知らないって先に言ってよ!」という気持ちになってしまいます。

独特な言い回しも聞けば丁寧に教えてくれるので知ったかぶりせず、素直に甘えましょう。もちろんこれには、ネコもたちも関係ありません。

同性愛と異性愛…その違いと共通点をしっかり把握しよう

出会い系などで素敵なレズビアンの女性と知り合えたら、特に初心者の場合、嬉しくって色々な話をしたくなるはず。

誰にも話せない喜びや感動、辛かった出来事…同じレズ同志だからこそ共有したいものです。

とは言え、同性愛も異性愛と変わらず、色々な人がいるのは事実。

「相手も女性だから」とガードがゆるくなり、住所や電話番号など個人情報をすぐに教えてはいけません。逆に、せっかく仲良くなれたのに「レズビアンだから」といつまでも距離をとってしまうのも考えもの。

自分が偏見をもたないよう、同性愛と異性愛の違いと共通点をしっかり把握しましょう。

同性愛の素晴らしさはこんなところにあります

同性愛とは世間的にはまだまだマイノリティ、とくにここ日本では偏見の目をもって見られることも多いかもしれません。

でもよく考えてみると、同性愛とはただ体と心の性が一致しなかった、お母さんのおなかの中で、ホルモンバランスが異なっていたという生物学的由来なこともあるんです。つまり誰しも起こりえることで、特別なことじゃないんですね。さて、そんな同性愛ですが、本当にすばらしいことがたくさんあります。ちょっと考えてみましょう。

同性愛なら互いの気持ちよさがわかる

まずはセックスのときですね。同性愛なら気持ちいいポイントなどが手に取るようにわかります。ポイントだけではなく、どう触ればどう感じるかなど、すごく微妙な調整も聞くんですね。言わなくてもわかる、というような。異性とのセックスだとポイントがずれていても、そういうことを口に出して言うのはなかなか恥ずかしいもの。その結果、お互いの感覚のずれでセックスレスになってしまったりします。そういうことが少ないのが同性でのセックスですね。

レズビアンのAVなどを見るとよくわかります。女性は、男優よりも繊細に優しく攻めますね。このくらいやさしくされたほうが女性は快感なんです。

でも実際に男性とセックスをする女性はそういうことを口に出すことはあまりないですね。どうしてもガマンできないときに、「ちょっと痛い」と言うくらいです。

逆に男性の方は、性器の性感帯が亀頭と竿の境界線上に集中しています。極端に言えばごしごし竿をしごかなくてもここだけピンポイントで攻めれば射精することができるくらいです。女性のクリトリスが変形したのが男性の陰茎ですから、快感もピンポイントの位置があるわけですね。

友情も愛情も同時に感じることができる

異性の間に友情が成立するか?  永遠のテーマですが、そうとも言い切れない部分があります。恋愛は途切れたら終わり、連絡を取り合うこともなくなるケースがあり、寂しい限りです。ケンカ別れなどは一方的ですね。それもそのはず、恋愛と友情の一番の違いは、恋愛は一方通行でも成り立ちますが、友情は双方向でしか成り立たないということです。

友情の片思いなんて聞いたことありませんよね。というわけで、同性ならではの無条件の感情が友情です。恋愛以上に絆が深い友情で結ばれるベースがあるから、同性愛とはより深い愛情だとも言えます。別れてからも友達に戻れるよさが同性愛ということですね。この気持ちのハイブリッドは異性を愛する人たちは持ち合わせていないのではないでしょうか。

同性との出会い方

同性の恋人を見つけるためにはどうすればいいでしょうか。もちろんゲイやレズビアンの集まるパーティーなどや新宿二丁目などに出かけるのもひとつの方法ですね。マイノリティであるからこそ温かく迎えてくれるという部分はきっとあるはずですね。

また、出会い系を利用するのもうまい方法です。普段特に、見た目だけでは同性愛者かどうか、わからない場合が多いですが、出会い系に登録している時点でゲイなら自分がタチかネコか、どういう人がタイプでどういうプレイがいいのかなど、詳細に掲載してあります。また、異性の出会い系では非常に多くの割り切り募集などが見られますが、同性の出会い系には純粋な出会いを求める書き込みが多く、その点でも安心です。

まずは連絡をとってメールをやり取りする間に、お互いの価値観や好みなど、いろんな情報を交換しましょう。

ここでも同性ならではの安心感かメールの返信がスムーズなようです。異性ではなかなか返事がかえってこなかったりしてヤキモキすることも多いですからね。気が合うようでしたら、電話で話をしてみましょう。会うか会わないかはその後決めればいいんです。しかも、断るのもはっきり断ってしまってもいいし、正直に会いたいとも言える、ストレート勝負が魅力ですね。

いかがでしたか。同性愛のよさ、出会い方について考察してみました。特別なことではない同性愛、もっとラブラブな男性同士、女性同士が週末の街を手をつないで歩くのが日常になる明るい未来がもうすぐにやってくるかもしれませんね。

ビアンの楽園に見るモテるビアンの条件

女の花園と言えばまず女子大を連想します。

それでは女子大はビアンの天国、楽園かと言えば、必ずしもそうではないそうです。

女子大の最高峰と言われるお茶の水女子大は今なお、東大生のお嫁さん候補NO.1の地位にあり、津田塾大は一橋大生と知り合うためにあるような面を持つことから、それを目当てに入って来る人も少なくないわけですね。

そうした競争的環境は、生涯の伴侶となるビアンを探すには、あまり向かなかったりするんだそうです。

ビアンにとっての楽園は理工系大学

ビアンにとっての本当の楽園は意外にも、女子大ではなく理工系大学だそうです。

理工系大学?ゲイと間違えてませんかと言われそうですが、現在の理工系大学には少なからず女子学生が学んでいます。

そんな彼女たちですが、名門女子校出身も決して少なくありません。ところが女子校時代は女子との付き合いが苦手で、あまり友達もいなかったりします。

では大学ではさぞかし圧倒的多数の男子学生と仲良くするのかと言うと、これが意外にも大学でビアンとの出会いを果たす人が少なからずいるそうです。

深い関係にまでは進まなくても、高校時代までは苦手であった同性である女性との付き合いが、大学ではすごく楽になると口を揃えます。

それは、理工系大学に進学して来る女性の気質が一様にサッパリしていて、男子を含め誰にも気兼ねなく接したり、同性である女性に変な嫉妬心を抱かないタイプが多いため、ビアンに限らず付き合いやすいと言うことのようです。

そういう人は、女性から見ても人間的魅力に富んでいて、つまりモテるんですね。理工系大学では実習実験で男子大学生と同じ作業着姿だったり、髪の毛を後ろに束ねたりが普通です。

ビアンのモテる条件は、相手が男性の場合と異なり、容姿ではないと言うことです。

理工系大学に入らなくてもビアンと出会えます

理工系大学がビアンにとって楽園であることが分かっても、誰でも入ることが出来なければ意味を持ちません。

残念ながら理工系大学の難易度は高く、一夜漬けの勉強で入れるところではありませんし、またビアンを探すために入るには4年間は長すぎますね。

誰でも登録出来て、確実にビアンがいる場所がネット上にあります。出会い系サイトですね。もちろん有料ですが、初年度納付金が100万を超える理工系大学とは比較になりません。わずか数千円です。

そしてここで、理工系大学で見た女性にモテる女性モデルを演じれば、ひときわ目立って、生涯に渡ってお付き合いの出来るビアンと巡り会える可能性は高まります。

レズビアンが幸せな恋愛をするためのルール

出会いってある人のところにはたくさんあるのに、ない人のところには全くないというのが世の中の流れです。

出会いがある人はフットワークが軽く、イベントやスポットに頻繁に顔を出しているもの。自分は人見知りなのでちょっと無理という方は出会い系サイトやSNSを用いた出会いがおすすめです。しかし、レズビアンにはレズ特有の注意しておきたい恋愛ルールが存在します。素敵な出会いと幸せな恋愛をするためのルールをご紹介します。

レズビアンのジャンルがある出会い系サイト

レズビアンが出会い系サイトを使って出会いを探す場合、レズビアンのジャンルがある出会い系サイトを活用しましょう。そうではない出会いサイトで同じレズビアンを探すのはとても困難だからです。それであれば、恋愛をする上で必要条件である「レズビアン」とカミングアウトすることなくコミュニケーションが取れる方が効率的ですし、ストレスも少ないでしょう。

また、ノンケに対して恋をしてしまうほど辛いことはありません。ノンケの彼女を振り向かせることは非常に困難です。言わば、茨の道です。恋してしまうことは止められないものですが、幸せな恋愛をしたいのであれば、あえて辛い道を選ぶことはありません。

いい子でいること

出会い系サイトでのメッセージのやりとりもそうですし、直接会った後もいい子でいることはレズビアンの恋愛においてはとても重要です。と言うのも、レズビアンの世間はとても狭いので、お互いにハンドルネームを使っていたとしても、何かの拍子に身元がバレることも十分考えられます。

女性は基本的に噂話しが好きですから、悪い噂を立てられてしまうと居場所を失うこともあるでしょう。無駄に敵を作らない方が身のためです。

昔の彼女について詮索しない

誰しも過去に恋愛経験はあるものです。特にレズビアンの恋愛はとても狭い範囲内で行われていることも多く、例え出会い系サイトで知り合ったとしても、知り合いを辿ると簡単につながってしまうことも。共通の友人であれば盛り上がる話でも、彼女の元カノが実は自分も昔付き合っていた相手だったり、一度だけの相手だったりすることもあるでしょう。別れた理由や過去の関係については深く掘ればそれだけ気まずくなってしまいます。

せっかく知り合うことができたのに、過去の話で仲が引き裂かれてしまうのはもったいないとは思いませんか?

覚悟があるならまだしも、興味本位で相手の過去の恋愛には触れないほうが良いでしょう。