セックスを求めていないレズビアンは意外と多いです

Penguins-at-North-Poles-Still_04_520

レズビアンが集まる出会い系だからといっても、皆が皆おなじような出会いを求めているわけはありません。ただでさえマイノリティであるレズビアンが集まっていることによる安心感と一体感から、ついつい「自分と同じものを求めているんだ」と思い込んでしまいがちですが、それは大きな間違いです。

よくあるすれ違いとしては、セックスを含めてた出会いを求めているかどうか、という点です。

これは本当にハッキリ分かれます。レズビアンの付き合いでセックスはなくてもいい、と考える人は一定数いるのです。

理由はそれこそ人それぞれです。男性とのセックスがトラウマでセックスという行為自体に嫌気が差している人、性欲はあるけど女性同士のセックスに魅力を感じない人、セックスをしなくてもただ手を繋いだり精神的なつながりがあるだけで満足する人。

わたしの印象としては、セックスなしでのお付き合いを望んでいる人はどちらかといえば少数派であると思います。「普通」は……という言葉を使うのもはばかられますが、やはり自然とセックスありのお付き合いになるのが私個人としては多かったですね。

私は基本的にはセックスありの出会いを求めていることが多いのですが、時期によってはまったくセックスしたくない時もありましたし、これは本当に一概には言えないですからね。

もしそこにすれ違いがある人同士が出会ったしまった場合は悲しいことになってしまいがちです。ただでさえ悲しい思いをしてきたレズビアンが、やっとのことでレズビアン出会い系という安住の地にたどり着いたのに、そこでまたすれ違いの悲しみを味わうのはあまりに悲劇ですからね。

出来ることなら、事前にそれとなく理想としている出会いのカタチを聞いておくのがベターと言えるでしょう。直球で「セックスする?しない?」と聞くのもアレですので、あくまでもさりげなくです。

私がよく使うのは「最後にしたのっていつ?どんな人と?」という話題から、今の心境をそれとなく聞いてみることですね。

あまり詮索されたくない人もいるでしょうが、やはりこれから会うことになる人のことはなるべく知っておきたいのは本当のことですし、セックスという行為は個人間同士のコミュニケーションとしては最上位のものともいえますから、それについて話すのはごくごく自然なことです。

もっとも、どこからがセックスでどこまでがセックスではないのか、といった定義も人それぞれだったりするので難しいところですよね。

男女のセックスであれば、ペニスを挿入するかしないかがセックスの明確なボーダーラインといえるでしょうが、女性同士のセックスにおいてそれに当たる象徴的なものがないのが実情です。

お互いに裸になって胸を触り合うくらいではセックスのうちに入らないと考える人は多いですし「じゃあどこからがセックスなの?性的な手つきで乳首を触った時?それともクリトリスを触ったら?なんならバイブを使って擬似的な挿入をするまで?」……と、まとまりはつかないことでしょう。

出会ったばかりならまだしも、もう2~3度あって定期的に会う関係になったのであれば、そのあたりの認識はちゃんと向き合っておくべきでしょう。

せっかく知り合えたレズビアン同士なのですから、きちんと自分のことをさらけだして、相手のことを知るのはとても大事な行為なのですから。