SNS? それとも出会い系? レズビアンのパートナー探しはどっちがいいの?

女性が好きな女性にとって、出会いの場というものは残念ながら限られています。身近な生活で信頼できるパートナーと出会えないという悩みを持つ女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ネットから始めるレズビアン出会い

そんな方にオススメなのはネットから始める交流です。ネットなら個人的な情報を最初に開示する必要がないので、試しに探してみるということも簡単にできます。

SNSが普及した現在は、同じレズビアンの人の集まるコミュニティやサークルに参加するのも一つの手です。

また、他にも出会い系サイトを利用するのも一つの方法かと思います。

SNSは多人数交流、出会い系サイトは1対1の交流の場

基本的にSNSでの交流は多人数での交流となります。

そのため、いきなり恋愛感情を前面に出すというのではなく、友達感覚から始めてみようという人が多いのが特徴です。単純にパートナーを探すためだけに利用するのではなく、話を聞いてもらうために利用することができます。例えば、パートナーがいる相手にレズビアンであることの悩み相談をしたり、レズビアン同士の飲み会などにも参加するチャンスがあるかもしれません。

不特定多数の人と交流することで、自分の考えてもいなかった相手と巡り合える可能性が高いのがSNSの最大のメリットです。

しかし、他の二人の間に割って入ったりする行為は当然NGです。多くの人と交流するため、意図せずにトラブルに巻き込まれる可能性があることも頭の中に入れておきましょう。

出会い系サイトを利用したレズビアン出会い

一方、出会い系サイトを利用する場合は勝手が変わってきます。基本的に、出会い系サイトを利用する人は明言していない限り女性同士のセックスを最大の目的とする人が多いのが特徴です。人によっては、出会う条件がお互いの体を試してみることだと考える人もいます。

もちろん、そんなガツガツした出会いではなく、恋愛を目的としていることをプロフィールやメールに書いておくと、不本意なトラブルに巻き込まれる可能性も下がるでしょう。

ただし、話が合いそうな相手と出会った時にこっそりと他の人とも交流を持つということにはあまり向いていません。

基本的に出会い系を利用する場合は、関係が終わるまでは1対1の関係を貫くことが、結果的にパートナーと出会うための早道に繋がります。

レズビアンの人がパートナーと出会うための2つの方法を紹介させていただきました。大雑把に言うと、友達を見つけたいならSNSが、恋人を見つけたいなら出会い系サイトがオススメですので、参考にしていただければと思います。