レズビアンが、結婚を勧められることや、見合いを勧められること

レズビアンであることって、どうしても親とかにもいえませんよね。友人でさえ言いづらいものです。

子供の頃は、友達が、恋愛の話をすることに話をあわせないといけないのに疲れていました。「誰々くん格好いいよね」って声に、男なんて興味ないけど、「そうだね、誰々くんもいいよね」という必要があります。

そして、高校生や大学生になると恋愛をして、彼女が出来ても誰にもその相談が出来ないんですよね。

例えば、彼女と旅行にいったけど、生理で一緒にお風呂に入れなかったってことを聞いてほしいけど、言えないというケースがあります。もやもやしますよね。

そして、社会人になると会社でも、結婚する人が増えてきてしないとなると、ダメな女って思われたり、逆に変な人を紹介されたりコンパに誘われたりします。断るのに面倒で仕方ありません。

さらに、実家の親などからは、いい人いないの? 孫の顔が見たいと急かされるんですね。

同性愛ってそういうのがつらいです。

女性の同性愛でよくある悩みは周囲からの理解、偏見、他には人に口に出して言えない等、まだまだ周囲の理解が少ないことが理由に挙げられると思います。

それ以外には、どちらかが女性の側、どちらかが男性の側という感じで付き合っている方が多いんですが、どちらも女性なので女性の気持ちは良くわかっていても、自分と同じように女性に興味があるため、他の女性をじーっと見てしまったり、他の女性に興味を惹かれてしまったりということもよくあり、喧嘩の一つになることも多いはずです。

女性だからと言って浮気の心配がないわけではなく、やっぱり浮気の心配はしっかりあります。

でも実際のところ、自分が思っているほど、浮気の可能性は少ないことが殆どです。心配しすぎとか、相手の人を愛しすぎるために小さなことでも気になってしまうことが多いみたいです。

長くその人と付き合うには相手も女性で女性の気持ちは良く分かっていることを忘れないでください。周囲の目などはあまり気にせず、相手を信じてください。

レズビアンであることがバレるのは、手を握っている姿を周りに目撃され始めた時です。

街を歩いていても女性同士で手をつないでいる人は最近よく目にするようになりました。その風潮は、私たち同性愛者からすると非常に嬉しいこと。

世間の人は、仲の良い友達同士だからというアピールでしている行動かもしれませんが、
私たち同性愛者にとっては、好きな人と手をつないでいるのと同じ気持ちです。

なので、一般の人がカップルと手をつないでいるのと同じ感覚なのです。

しかし、度を過ぎた手の組み方をすると周りの人は案外、気付いてしまうもの。ですので、同性愛としてどうしても相手と手をつなぎたいときは、ソフトな手の握り方を意識しています。

本当の所は、彼氏や彼女と指を絡めているような濃厚な手の握りをして、ラブラブオーラ満点で手をつなぎたいのですが、周りの目が気になります。

恋愛は自由なはずなのに、周りの目を気にしているのは自由ではないので、外ではソフトな手の握りを意識しています。偏見があるのは仕方ないことだと、認めることで新しい方法を自分たちのスタイルで編み出す作業も、通常の恋愛では使わない頭を使うことですし、その部分も同性愛でしか味わえない感覚が私は好きです。